TOCANA > 超科学 > 宇宙に意識はあるか? > 2ページ目

【ガチ】宇宙に意識はあるのか? 科学者が本気で議論「宇宙には原意識クラウドが存在し、人間も接続されてる」「いいや、それは違う」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

■宇宙と人間、どちらが“神”なのか

universeconscious2.JPG故ジョン・ホイーラー博士 画像は「Wikimedia Commons」より

 一方、2008年に逝去したアメリカの物理学者ジョン・ホイーラー博士は量子論から宇宙の現象にアプローチしている。

 量子論を語る上で有名な思考実験である「シュレーディンガーの猫」や、実際に実験で確かめられた「二重スリット実験」などで明らかになった原子レベルの異様な振る舞いのメカニズムを説明するものは、不確実な状態に陥った宇宙全体が、意識的な存在、すなわち我々によって観察されたときに明瞭な実際の存在になるとしている。つまり宇宙は我々人間の“観察”を前提にして存在しているということだ。

「私たちは自分の周囲だけにとどまらず、遠く離れた場所に身を置ける“参加者”なのです」(ジョン・ホイーラー博士)

“量子もつれ”の状態にある2つの量子は、時空を越えた関係性を築いていることが確認されているが、同じように我々の意識もまた時空を超えて宇宙につながっているというのがホイーラー博士の主張である。ホイーラー博士はこの理論を参加型人間原理(participatory anthropic principle)と名づけている。

 人間の存在があってはじめて宇宙があるという「人間原理」を1970年代に最初に提唱したのはブランドン・カーターといわれているが、ホイーラー博士はさらに一歩前進し、人間が主体的に宇宙に関わろうと観察・参加することで宇宙が構成されてくるという参加型人間原理を提唱した。そして実際に実験装置を使って、人間の観測が現実を変える可能性を示している(ホイーラーの遅延選択実験)。

 このホイーラー博士の参加型人間原理は、マットロフ氏の見解とは真逆といっていいものになる。端的に言ってしまえば、マットロフ氏には大宇宙が意思を持った“神”であるのに対し、ホイーラー博士は人間こそが“神”であるとしているのだ。

 いずれにしても宇宙と人間をめぐる壮大な思考実験なのだが、今日にあっても事あるごとに議題にのぼるトピックスで熱い議論が交わされている分野である。夏の眠れない夜に考えてみてもよいのかもしれない。
(文=仲田しんじ)


参考:「NBC News」、ほか

関連キーワード

コメント

7:ルーシー 2018年11月20日 04:57 | 返信

※1
科学的な事実を伝える
記憶もただの物質だ
量子もつれとはひとつの物質が別々の場所に存在していることだ

そしてそのすべての物質は意識を持っているというヴィジョンには続きがある

6:ルーシー 2018年11月20日 04:43 | 返信

※3だか4だか
お前はバカか
証明できねーって最初っから諦めてるんじゃ何もできねーわ
だから証明できなくても理論はry
勉強もしてねーくせに事実を追求できるわけねーだろが
興味あるだとかよくもまあ上から言えたもんだ
そのてめ-が蔑んでる教授は当たり前だけどてめーより上だよ
何もしてねーのに自戒してーならネットを一生自戒してな
はぁ・・・どうしてそんなにバカなのですこともあります?

5:ルーシー 2018年11月20日 04:25 | 返信

※2
お前ただのアホだろ
証明できなくても理論は誰が言ってもいいんだよ
否定するなら否定したいやつが証拠を示せ
それがルールだ
それを関係ねーとこを攻撃するのは卑怯って言うんだよ

しかも正邪って・・・
やっぱアホだろ?
解決できない意識の問題だから正邪ってか?
これはそのうち解決できる問題だ
それにこれに正邪を使うとか辞書引いて100億回意味を考えろや

4:匿名 2018年3月19日 23:20 | 返信

>2さん
残念ながらこういった、「根拠はなくともだれも間違っていると証明できないから、自分がこう思う仮説が正しいんだ」ってな仮説が、あたかも「結論付けられた事実」であるかのように取り上げられているのも事実。もしくは、いつまでもその仮説が一人歩きしたまま裏を取るような・周りを固めるような研究をせず安易な結果ばかり求めるから、研究が深く掘り進められない結果につながっていますこともあります。それが日本の研究機関にいる多くの年食った教授のやることであり現実だと思います(やる気ないのと専門以外に手を出して証明する能力がないのとの理由だと思います)。

ただ、1さんの自論も研究の方向性として興味深そうだし個人的に嫌いではないです(量子物理・化学は素人なので)。私自身への戒めもこめて、客観的にかつ公正に事実を追求したいですね。

3:匿名 2018年3月19日 23:19 | 返信

>2さん
残念ながらこういった、「根拠はなくともだれも間違っていると証明できないから、自分がこう思う仮説が正しいんだ」ってな仮説が、あたかも「結論付けられた事実」であるかのように取り上げられているのも事実。もしくは、いつまでもその仮説が一人歩きしたまま裏を取るような・周りを固めるような研究をせず安易な結果ばかり求めるから、研究が深く掘り進められない結果につながっていますこともあります。それが日本の研究機関にいる多くの年食った教授のやることであり現実だと思います(やる気ないのと専門以外に手を出して証明する能力がないのとの理由だと思います)。

ただ、1さんの自論も研究の方向性として興味深そうだし個人的に嫌いではないです(量子物理・化学は素人なので)。私自身への戒めもこめて、客観的にかつ公正に事実を追求したいですね。

2:匿名 2017年7月16日 23:55 | 返信


違うかどうかは、あなたが決めることではない。
証明ができないのだから、あなたの意見は空想と仮定にすぎない。
自分本位な空想の世界の理論を、それを生み出した思考回路で正邪を判断するのだから、
あなたにとって正しいに決まっているだろう?
尊敬されようと思って焦ってはいけないよ。

1:匿名 2017年7月3日 16:30 | 返信

ちがう、全ての物質一つ一つが意思を持ってる。量子一つ一つが。
生物はたまたまその総合的意思を表現できるように進化したの。
臓器移植を受けた人が臓器提供者に性格が似るのがいい例で、大切にされたり虐げられたとか、恐怖や幸福感を味わった水や食べ物によっても性格が変わる。
もちろん生物以外も。
量子もつれ状態の2つの量子が別々の集合体を形成した場合に、トランシーバーのように意識を送受信することを、宇宙意識と繋がっていると勘違いしてしまっている。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。