ヒアリを生で食べ、自ら刺されまくり、アート作品にも!? 無謀すぎるヒアリ・チャレンジ3選

ヒアリを生で食べ、自ら刺されまくり、アート作品にも!? 無謀すぎるヒアリ・チャレンジ3選の画像1国立環境研究所の外来生物研究プロジェクト・リーダーである五箇公一先生が描いたヒアリ

 6月27日、東京港・大井埠頭(東京都品川区)で陸揚げされた中国・三山港からのコンテナ内部で、特定外来生物のヒアリ1匹が発見された。その後、環境省がコンテナを詳しく調べたところ、さらに100匹以上が確認されたという。1カ月前の記事で伝えたように、ヒアリが国内で初めて見つか


ったのは5月下旬に神戸港から兵庫県尼崎市に運ばれたコンテナの中だったが、その後も名古屋港、大阪市の南港などで続々と発見される事態に至っている。今回は、ヒアリの脅威について詳しく解説するとともに、「自らヒアリの大群に刺された男」「ヒアリを食べるタイ人」「ヒアリのコロニーを“アート”にしてしまう芸術家」など、ビックリ仰天の話題もあわせて紹介しよう。


■ヒアリの脅威、その基本情報

ヒアリを生で食べ、自ら刺されまくり、アート作品にも!? 無謀すぎるヒアリ・チャレンジ3選の画像2画像は「Wikipedia」より引用

 ヒアリ(別名:アカヒアリ)は、南米大陸を故郷とするハチ目アリ科フタフシアリ亜科に属するアリの一種。英語では“Red imported fire ant”、漢字では“火蟻”と書くが、刺されると火傷のような激しい痛みをもたらすことに由来する。体長は2~6mm、その身体は主に赤茶色だ。

 米国には20世紀前半にヒアリが侵入し、現在は南部に広く生息している。年間1000万人以上がヒアリに刺され、約8万人が呼吸困難や血圧低下など重度のアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を起こす。

 ヒアリに刺されると、まずその部分が変色して腫れ、激しく痛むほか水ぶくれができるなど、ヤケドのような症状を示す。発作にまで至るケースは5%以下で、すぐに治療を受ければ命に別状はない場合がほとんどだが、近くに医療機関がない場所で刺されると、治療を受けられず死亡することもある。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ