簡単に死ねる! 心霊スポット・廃墟廃屋の「即死トラップ7」が危険すぎる! 奈落の底へ落ちることも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

ruins01.JPG

 これから暑い季節となりまして、これはちょうどよい機会、廃墟や心霊スポットへ行ってみよう、と考えている方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、これといった知識や経験もなく、いきなりそのような場所へ向かうのは非常に危険です。

 そこで今回は、廃墟や心霊スポットにありがちな「簡単に死ねる、引っかかりやすいトラップ」をいくつかご紹介し、それら行動に歯止めを効かせたいと思います。


■ガラス片

CIMG3117.JPG

 廃墟や心霊スポットと名の付く場所ならば必ずある、地味ながらも非常に危険なトラップです。

 大抵の廃墟や心霊スポットではタチの悪い先客、あるいは自然の力によって、窓ガラスやガラス瓶が叩き割られています。そこへやってきたあなたが、底の薄いのスニーカーやサンダルでそれを踏めばどうなるか。うっかり足をすべらせて手を付いた、転んだ先にガラス片があればどうなるか。上へ登ろうと手を掛けた場所に、たまたま割れたガラス窓があればどうなるか。

 深く考えるまでもなく、運が良ければ切り傷程度、悪ければガラス片が手足や身体を貫通する大怪我です。それだけならまだしも最悪の場合は破傷風に感染、死に至る可能性もあるのです。

破傷風についてはコチラ

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメント

3:匿名 2017年7月26日 23:13 | 返信

これ書いた人はトラップの意味知ってるの?

2:匿名 2017年7月24日 18:32 | 返信

7つにこだわるなら天井アウト、虫or人インがよさげと思います

1:匿名 2017年7月24日 17:14 | 返信

なんか「ガキ使」のネタみたいで、楽しく読めた。
今月の記事中でいちばんかな。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。