• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 世間ではよく、亡くなった人が幽霊になって自らの葬式に出席するという逸話が語られることがある。そして時には、死んだと思われた人が、式の最中に実際に姿を現す事例もあるのだ。そこで今回は、自分自身の葬式に参列した5人の衝撃的なエピソードを紹介しよう。


■ティモシー・デクスター

1708_funeral_1.jpg
画像は、「PRICEONOMICS」より

 18世紀の米・マサチューセッツ州に、風変りな億万長者ティモシー・デクスターが暮らしていた。ある日ティモシーは、もしも自分が死んだ時、葬式に参列する人が自分について何を語るのか気になってしまい、自らの死を偽装することに決める。3,000人以上の参列者が集まった葬式が順調に進む中、ティモシーが企てた計画は「式の途中でいきなり本人が登場する」というものだった。しかし、妻が1滴の涙も流していないことに激怒した彼は、サプライズどころではなくなってしまい、妻を杖で何度も殴りつけるなどして怒りをぶつけたという。

1708_funeral_2.jpg
画像は、「WIKIMEDIA COMMONS」より

コメント

2:匿名2018年9月19日 07:36 | 返信

最後のは・・w
何の目的で殺害しようとしたんだろうな。
性格的な問題や生活のすれ違い、感覚のズレなら離婚したら良いのであって
わざわざ刑事犯罪を犯す必要はない。
やっぱり保険金か? 

理由によっては禁固どころの刑じゃなくなるだろうに。
夫から殺人を依頼された誘拐犯が、人間的な2人組で本当に良かった。

1:匿名2018年2月 4日 13:33 | 返信

結局誰も死んでねえじゃねえか

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。