窒息死、墜落死、爆死、溺死、被爆死…! 自分の発明で死んだ偉大な発明家9人の最期が凄まじい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

3. ウィリアム・ブーロック:1813-1867

 1865年にブーロックはリチャード・マーク・ホーが発明した輪転印刷機を改良し、その素晴らしいスピードと効率化で印刷業界に革命をもたらした。

9inventors3.JPGBig Think」の記事より

 しかし数年後、彼は自分の発明したプレス機に足をはさまれ、その傷が元で1週間後に死亡した。


4. バレリアン・アバコフスキー:1895-1921

 アバコフスキーは、「エアロワゴン」と名付けられた航空機エンジンとプロペラ搭載の高速レールカーを発明した。これは元来、高位のソ連当局者を運ぶことを意図して造られた。

9inventors4.JPGBig Think」の記事より

 1921年、モスクワからトゥーラまでエアロワゴンの試運転が行われ無事到着したが、モスクワへの帰路でエアロワゴンは高速で脱線、アバコフスキーを含む6人が死亡した。


5. ヘンリー・スモリンスキー:1933-1973

 ノースロップ工科大学航空工学学校で学んだヘンリー・スモリンスキーは、友人のハル・ブレーキと空飛ぶ自動車の「AVEミザール」を開発。

9inventors5.JPGBig Think」の記事より

 1973年、AVEミザールはカリフォルニアでテスト飛行を行ったが失敗。搭乗していたスモリンスキーとブレーキの2人は死亡した。このテスト飛行は映画『007 黄金銃を持つ男』に採用するためだったという。

コメント

2:トランプ大統領 2017年9月14日 01:57 | 返信

人間を作った発明家はその後どうなったのだ?
チョンに食べられてしまったのか?

私は発明家ではない
自分の発明で死ぬことはない。
唯一神であるこの私は
核兵器も人の命もロボットもこの世のすべてのものは私のものでなければならないし
ロボットが私に逆らうなど何者かに操作される以外あり得ない。
私には友達がいないのだから、国家が作れるくらいには友達を増殖させ
猫の国を作るしかない。これのどこが死に至るのか?

西之島を大きくさせて、猫の国が作れる状態になったら、日本から独立し土地を借りたい。
とりあえず、宇宙船がないので、そこで宇宙船を開発製造して地球から脱出しなければならないがまず、この地球や周辺の星を調査し、異常や危険取り除かねばならないだろう。

核兵器は環境に害悪のある危険な人を減らすために撃つのであって
地球の一部が一時的に汚染されるが
人が住めなくなるほど撃つわけではないので何の問題もない。
それに核兵器ごときで人間を殺しつくすことは出来ない。
AIロボットもほとんど産業用なので、即ターミネーターになるわけではないし
特に発明で死ぬことはない。
死ぬとしたら、私に危害を加える悪の存在だけだ。

1:匿名 2017年9月13日 17:59 | 返信

最後のファラリスの雄牛は拷問道具じゃなくて処刑道具だよね?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。