米の巨大ハリケーン続発はHAARPの仕業だった可能性大! ミチオ・カク博士がテレビで超衝撃発言「気象兵器で洪水も引き起こせる」

■HAARPの発動は“諸刃の剣”なのか?

 HAARPは高周波活性オーロラ調査プログラム(High Frequency Active Auroral Research Program)の略称であり、米空軍、米海軍、国防高等研究計画局 (DARPA)、アラスカ大学などの共同研究プロジェクトで1990年代から研究が本格化したといわれるが、具体的にどのような技術が開発されているのかは謎に包まれている。

 アラスカにあるHAARPの施設には180本ものアンテナが並べられ、成層圏の電離層に高周波のラジオ波を照射することを通じて、新たな通信網とレーダー網を開発しているといわれるが、このラジオ波の照射が原因で気象変動が引き起こされているのだという声は後を絶たない。

米の巨大ハリケーン続発はHAARPの仕業だった可能性大! ミチオ・カク博士がテレビで超衝撃発言「気象兵器で洪水も引き起こせる」の画像2The Sun」の記事より

 英タブロイド紙「The Sun」の記事によれば、一説はHAARPによって電離層の下層と上層を“加熱”することで、仮想の「レンズ」と「鏡」が形成されるという。このレンズと鏡で、広範囲に及んでステルス航空機やステルス巡航ミサイルの検知が可能になり、また発生した超低周波によって地中深くの様子も探索できるというから驚きだ。また同時に広範囲に及ぶ通信網を構築することができ、それは海中に深く潜行した潜水艦でも利用できるものになっているという。

 そしてこの技術がそのまま“気象兵器”にもなるのだ。対象となる一帯上空の大気の異なる層が接する部分に熱を加えることで、洪水や干ばつが人為的に作り出せるのである。しかしもしそうだとすればHAARPは“諸刃の剣”ということにもなる。HAARPを発動させて目標一帯に強力な監視体制を築けば、望むと望まざるとにかかわらず周囲の気象を変えてしまうことにもなるからだ。

 今回の巨大ハリケーンの続発が、何らかの軍事行動を目的としたHAARPの発動による“副産物”なのか、あるいは気象兵器として別の目的(人口削減、地方自治の壊滅など)で意図的に使われたのかはわからないが、決して少なくない“陰謀論者”たちが今回のハリケーンはHAARPが引き起こしたものであると結論づけているようだ。

 ともあれカテゴリー5に指定された巨大ハリケーン・マリアの動向が気になるが、前出のカク博士によれば今年は11月いっぱいまでは巨大ハリケーンがいつ発生してもおかしくないというから不気味だ。すでに人類は“艱難時代”に突入してしまったということなのだろうか……。
(文=仲田しんじ)


参考:「Disclose.tv」、「The Sun」、ほか

コメント

7:匿名 2018年11月24日 06:32 | 返信

訳の解らん妄想的な翻訳しているがそのような事は云ってないがね。。まぁ訛りのあるスラングが多い先生なのでしゃべりには癖がありますけどね。

6:匿名 2018年3月26日 18:46 | 返信

北は米の子分だし
そもそも金儲けの為に態と戦争起こすつもりなのにコッソリ攻撃する訳ないじゃん

5:匿名 2017年9月24日 21:26 | 返信

あるSNSに私が書き込んだ予言。
地球上の全地域で9月23日が終了しても、ニビルが地球に衝突することもなく、地球の終末もなく、終末の気配もない。
しんじはいっさい謝罪もせず、話題に触れることもなく、何事もなかったかのように全く関係のない記事をトカナに載せる。
……という意味のことを書いた。
また予言が当たっちゃったよおおw

4:匿名 2017年9月24日 00:35 | 返信

他人が言うと眉唾モノの話でもミチオ・カクが言うと途端に真実味を帯びるんだよね? どうして?

3:匿名 2017年9月23日 22:28 | 返信

ピンポイントで狙える技術があるなら
カリアゲ邸や ロケットマンの秘密基地を破壊してみろよ
それなら 人工地震やら気象兵器の存在を信じてやってもいいぞ(笑)

2:匿名 2017年9月23日 21:20 | 返信

HAARPって財政難で停止中じゃなかったけ? 
そもそもハリケーンを人工でつくるには莫大な電力が必要なんだが

地球滅亡はアメリカ時間で23日なんだろうな

1:匿名 2017年9月23日 16:42 | 返信

シンジ君、メキシコ地震は地震兵器の仕業って来週書くんだろw
ところで23日地球滅亡はどうした?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。