ポストオーガズム奇病「POIS」が隠れ蔓延中 ー 射精後数秒でインフルエンザ状態、セックス後に記憶障害も!?

 セックス後に急に体調が悪くなった、マスターベーションしたら風邪を引いたというような経験はないだろうか? 割と誰にでもあることかもしれないが、世界にはセックスやマスターベーションによってインフルエンザのような強烈な体調不良に陥ってしまう奇病が存在する。最近この稀な病気に関する論文が発表され、話題となっている。サイエンスメディア「Science Alert」が報じている。

ポストオーガズム奇病「POIS」が隠れ蔓延中 ー 射精後数秒でインフルエンザ状態、セックス後に記憶障害も!?の画像1画像は「Science Alert」より引用

■POISとは?

 オーガズム後症候群(Post-Orgasmic illness syndrome: POIS)はセックスやマスターベーション後に極度の疲労に陥り、急な発熱や発汗、鼻づまりや目のかゆみ、筋肉の痛みなどインフルエンザにも似た症状を引き起こす奇妙な病気だ。この病は2002年に初めて報告され、これまでに全世界で50件ほどの報告がなされている。名前の通り、射精後に起こる男性の病である。

 インフルエンザのような症状は射精の直後から始まり、その後数分から数日の間続く。視界がぼやけたり言葉に詰まったり、時には記憶障害を起こしたりすることもあるという。2〜7日で症状は自然と収まり、後遺症などは残らない。POISの特徴として遅漏があり、患者のおよそ50%に遅漏の傾向があるという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ