思い切ってHIV検査に行ってみたら、色々発見してしまい謎のおじいさんにも遭遇! 保健所で泣き崩れる美女も…

思い切ってHIV検査に行ってみたら、色々発見してしまい謎のおじいさんにも遭遇! 保健所で泣き崩れる美女も…の画像1

 はぁ~い、タテロール高柳です。突然だけどHIV検査をしてきたの。検査しようと思い立ったのはだいぶ前、知人のライターさんが定期的に区の無料HIV検診に行っていることを知ってからなの。彼女によるとおすすめは杉並区だということ。調べてみると検査は週一で朝1時間だけ。朝早くて起きられそうもないわ~。仕方がないので、一番近い品川区の保健所に電話してみたの。そうしたら、電話の向こうで「エイズ検査だっていってる!!」って騒ぎ出したのよ~。酷いわよねぇ。それからいろいろ考えて一番安心できそうな区を選んで電話したわ。やっぱり大都会はサラリと違うわよねぇ。電話で2週間後を予約して予約番号をもらったの。匿名でできる検査なので番号しか知らせないから本名も名乗る必要なし。ドキドキしながらその日を待ったわ~。


■検査当日は顔を隠す?隠さない?

思い切ってHIV検査に行ってみたら、色々発見してしまい謎のおじいさんにも遭遇! 保健所で泣き崩れる美女も…の画像2

 当日検査会場に着いたら、検査受付で番号を告げて申込用紙を記入するの。ここでも匿名だから名前欄に記入するのは番号でも記号でもなんでも大丈夫よ! ここではHIVだけでなく梅毒、淋病、クラミジアが一度に検査できるんだって。もちろんせっかくだから全部選んだわ~。待ち合いイスには男子4人、女子5人みんな30前半から後半? 女子は真面目風からOL風までカジュアルな服装ばかり。ひとりだけ深い帽子とサングラスをして顔を隠している女子がいて、逆に悪目立ちしてたわねぇ。こんなところで知り合いにばったり会ったら気まずいけど、会ったところでお互い様じゃないかしら。その後に入ってきたのは65歳くらいのおじいちゃん。若者ばかりの中でかえって不思議に思えたわ~。

 

 オルゴールソングのかかる中、じっと待っていると番号を呼ばれてまずは採血よ。ベテランの医師に採血され、針跡を押さえながら隣室へ。座らされた机にはHIVはじめ梅毒などの性感染症のパンフが並び、はじっこにはOKマークのコンドーム。パンフはもちろんコンドームも1個無料で持ち帰れるから今後の非常時対策も万全ねぇ。次に内分泌検査。自分で採取するタイプなのでまったく問題なし。これで検査は終了。

思い切ってHIV検査に行ってみたら、色々発見してしまい謎のおじいさんにも遭遇! 保健所で泣き崩れる美女も…の画像3

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ