史上最高・最美麗のUFO写真はコレだ! 政治家もUFO目撃…フロリダ州の「ガルフブリーズ 事件」が謎すぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 UFO目撃情報が集中している“ホットスポット”は世界各地にあるが、その中でも再び注目が集まっている場所が米・フロリダ州のガルフブリーズだ。


■1987年の「ガルフブリーズUFO事件」とは

 アメリカ・フロリダ州の西の端、メキシコ湾沿岸にきわめて細長い半島状の陸地を持つペンサコーラ湾があるが、その西端部にあるガルフブリーズはUFO目撃情報の“ホットスポット”としても有名な港町だ。この地で30年前に起きた「ガルフブリーズUFO事件(Gulf Breeze UFO incident)」を地元紙「Pensacola News Journal」や英タブロイド紙「Express」が最近になって取り上げている。

 1987年11月、このガルフブリーズの地に暮らす地元土建業者であるエド・ウォルターズ氏が、自宅の裏庭などから撮影したという数枚のUFO写真を地元紙「Gulf Breeze Sentinel」に持ち込み、その後すぐさま紙面に掲載されたことで話題を呼び、全米が注目するほどの大ニュースに発展。そしてガルフブリーズUFO事件と呼ばれる騒動になったのだ。もともとこの地ではUFO目撃報告が多く、UFO研究家らが注目する土地であったが、ついにその物証となり得るUFO写真が撮られたのである。

gulfbreezeincident1.JPG
 画像は「FUSION Tube」より

 写真の真偽をめぐって真っ二つに意見が分かれ、あまりの騒動のためにいくつかの組織やメディアはガルフブリーズに捜査員を送り込んで本格的な調査を行なっている。また地元住民も町を訪れる人々も熱心に空を見上げるようになり、いくつかの有力な情報を含むUFO目撃談が数多く寄せられ、事件を発端にした騒動は1988年いっぱい続いたという。

 国際的なUFO研究組織・MUFON(Mutual UFO Network)のフロリダ支部ディレクター、ジョージ・ウィリアムズ氏もまたガルフブリーズでUFOの目撃報告が多いことを指摘している。

写真の真偽についてはコメントしませんが、1987年にはウォルターズ氏以外からも何百人もの人々がUFOを見たと報告していました。そして今なおこの地域から興味深い報告を受けています」(ジョージ・ウィリアムズ氏)

関連キーワード

UFO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。