• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
DeadSeaScrolls.jpg
画像は、死海文書「Wikipedia」より

 筆者はこれまで度々TOCANAに「死海文書2018年人類滅亡予言」の記事を掲載してきた。

・過去記事「伝説の死海文書の秘密…2018年に地球滅亡、救世主は羽生結弦?
・過去記事「救世主は日本人!? 謎多き「死海文書」に秘められた預言とは?

 そして12月6日、アメリカ大統領トランプが「エルサレルムをイスラエルの首都と認定し、現在テルアビブにある米国大使館をエルサレムに移転する」と発言したことにより、筆者がこれまで提唱してきた「死海文書の予言」の正しさがいよいよ証明されようとしているのである――。


■エルサレム問題

 約2000年前、現在のイスラエル付近にはユダヤ人の王国があり、ユダヤ人が住んでいた。しかし王国が滅びると、ユダヤ人は各国に散らばり、流浪の民となった。その後この地に住んだのがアラブ人で、パレスチナとなる。しかし、各国で迫害を受けたユダヤ人は再びこの地に戻ろうと画策。1948年、ユダヤ人による「イスラエル建国」が宣言されると、その土地を巡って、パレスチナ戦争(第1次中東戦争から始まる4次にわたる中東戦争)が続いた。そして土地の問題以上に解決困難とされていたのが、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地のあるパレスチナの中心都市「エルサレム」の帰属だった。争いが止まぬなか、1993年に米国はイスラエルとパレスチナの和平交渉の仲介役を買って出て、「エルサレムの地位は和平交渉の中で定める(オスロ合意)」として、表面上の解決としていた。

 しかし1995年、米議会はエルサレムをイスラエルの首都と認定し、米大使館のエルサレム移転を大統領に求める法案を可決。この決定に対して、これまでのアメリカ歴代大統領は国際社会からの反発を恐れて踏み切れないでいたのだが、それを実現させてしまったのがトランプなのである。


■第三次世界大戦勃発の可能性?

MentallyIll.jpg
画像は「ANONHQ.COM」より引用

 この問題で、国連総会の緊急特別会合は21日、事実上、認定の撤回を米国に求める決議案を圧倒的多数で採択したが、採決に先立ち、トランプは決議案に賛成する国への支援を停止すると恫喝するなど、事態は混乱している。

 もちろん、アラブ諸国も強く反対し、早くも大規模デモが勃発している。この混乱から第5次中東戦争に発展する可能性はないとはいえない状況になってきたのだ。さらに、北朝鮮とも緊張状態にある今、中東の混乱が第三次世界大戦の火種を生む可能性もある。

 これらの事態をピタリと言い当てていたのが「死海文書の予言」なのである。

・2017年にトランプ大統領が登場すること
・2017年にエルサレムがイスラエルの首都と認められること

 そしてこれには続きがあったのだ……。

コメント

11:匿名2018年10月20日 06:57 | 返信

古来より、宗教、スピ、オカルトにはクルクル詐欺が横行していて正直萎えるが、今度のやつはガチで来ると言われている。
聖書との一致、死海文書との一致、日月神示との一致、これらを総合して考えると今年のは確実に来ると断じてよい!

と考えるといくら嫌いな連中とはいえ、今年でそいつらも見納めであると思うと非常に泣けてくるのであるw

10:匿名2018年3月 6日 21:13 | 返信

ノストラダムスの頃から何も進歩していないwwwww

9:匿名2018年1月 9日 22:27 | 返信

イエスの教えは確かに覚者の教えであるから、預言以前にその教えに人類が背いた結果、人類の利己的な生き方によって環境は破壊され続けてその因果律により人類がそのうち滅亡するのは自然なことだと想う。

イエスが命を懸けた教えを人類が背き続けて終末が訪れるという預言を一体何の為にする必要があったのだろう。

イエスの究極の教えとは、「自分を犠牲にして他者と生きなさい」という教えだ。

人間が自分の欲望を優先して生き続けるなら、いずれその人間の魂は滅ぼされる。と警告しているのではないか。

もしそんな日が来るなら、それは確かに一つの人類の終末と言える。

人類は確かに終末に向かっている。


【地球への脅威はるかに悪化、科学者1万5000人による「人類への警告」】


学者たちが導き出した解決策の一つに、「植物中心の食事」とある。
自分は今まで散々これを警告し続けているが、誰一人深刻に捉えようともしない。

かつて旧約聖書のノアの時代にそうしてノアの警告を信じなかった人々すべてが洪水によって滅ぼされてしまった。

『歴史は繰り返す』

もっと深刻に考えるべきだ。

8:匿名2018年1月 9日 22:26 | 返信

イエスの教えは確かに覚者の教えであるから、預言以前にその教えに人類が背いた結果、人類の利己的な生き方によって環境は破壊され続けてその因果律により人類がそのうち滅亡するのは自然なことだと想う。

イエスが命を懸けた教えを人類が背き続けて終末が訪れるという預言を一体何の為にする必要があったのだろう。

イエスの究極の教えとは、「自分を犠牲にして他者と生きなさい」という教えだ。

人間が自分の欲望を優先して生き続けるなら、いずれその人間の魂は滅ぼされる。と警告しているのではないか。

もしそんな日が来るなら、それは確かに一つの人類の終末と言える。

人類は確かに終末に向かっている。


【地球への脅威はるかに悪化、科学者1万5000人による「人類への警告」】


学者たちが導き出した解決策の一つに、「植物中心の食事」とある。
自分は今まで散々これを警告し続けているが、誰一人深刻に捉えようともしない。

かつて旧約聖書のノアの時代にそうしてノアの警告を信じなかった人々すべてが洪水によって滅ぼされてしまった。

『歴史は繰り返す』

もっと深刻に考えるべきだ。

7:UFOリサーチャー2018年1月 7日 13:09 | 返信

死海文書の予言2018に光の子と闇の子の戦いに終止符が打たれるという「人類最後の審判」と思われるキリスト教の啓示はフリーメイソン都市伝説の関暁夫さんも著書「Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説6」の表紙で人類最後の審判が下されるのは2018年と言っていて裏表紙では関さんが「Z(666の獣の世の終末=アルファベットの「最後」がZだから終末という意味。)」と両手でメッセージを示している。竹書房から出ている関暁夫さんの都市伝説コミックでも関さんが「世界最終戦争が始まるのか⁉︎」と驚愕しているシーンがあったのを覚えている。北朝鮮とアメリカの対決色も増幅しているしトランプ大統領のエルサレムはイスラエルの首都との宣言にもイスラエル周辺の緊張が高まっているし中国も軍事の増強に力を入れている映像をニュースで見るたびに世界最終戦争「ハルマゲドン(666の獣の世の終末)」へと人類は歩を進めているのでは?と感じさせる。今年1年世界情勢が何事もなければ「死海文書」の予言も外れることになるので何事も無いことを祈るしかない。_φ(・_・

6:匿名2017年12月30日 21:49 | 返信

>>2

トランプ氏はなりすましは絶許だからな
おまえやっちまったなw

5:匿名2017年12月30日 19:26 | 返信

白神は似た内容の事を23日のたけしのTV番組ではノストラダムスの予言って言ってたが…

4:匿名2017年12月30日 11:14 | 返信

【的中】って……w
的中もなにも、2018年はまだ始まっていないぞ。

3:匿名2017年12月30日 00:37 | 返信

さすが白神さん。毎回読ませますわ。文章力がすごいですね。都市伝説だけではもったいない。グルメの方もやってもらいたい。

2:トランプ大統領2017年12月30日 00:23 | 返信

イスラエルなんて私にとってはどうでもいい土地だ。
核ですべて吹き飛んで更地になってもらえればなおよい。
首都認定など世界大戦を起こすためにわざとやっているのだから問題ないし、どうせ偽物のユダヤ人がやるのだし、せっかくの世界大戦なのだから、中南米も巻き込んでついでに麻薬カルテルも滅亡させてもらいたい。その辺よろしく♡
敵は容赦なく殺害して、ありったけの武器を使用し、新型の爆弾もふんだんに使い自動で人間を監視殺害できるタレットを導入して人間より正確に殺害できる兵器もどんどん使用して構わない。互いに殺しあって人口を減らさなければならんので周辺諸国にも協力を仰いで戦闘に参加させて、全面戦争に突入させるのだ。世界中の人間を殺しまくって地球環境を良くしなければならん。特に核兵器は中国やインドに使用して互いに殺しあってもらって人口を半分以下にしてもらいたいものだ。あいつらは特に増えるからな。国土も広いし特に強力な兵器を使っても問題ないだろう。壊れたら、また新しく作り直せばよいのだ。ノープログレム。

1:匿名2017年12月29日 20:40 | 返信

たかが中東の一宗教が、世界中の出来事を予言してるって傲慢な考え方が気に入らないw

他の宗教ではどうなんだよ?w

キリスト教は確かに世界で一二の宗教かも知れないけど、西洋の宗教に日本の事まで予言される謂れは無いw
そんなにキリスト教は偉いのか?
宗教なんて所詮は人が人を戒めたり慰めたりするために、ちょっと想像力のある人が考え出した物だからなw
科学がまだ存在しない時代に、理屈が判らない自然現象を畏怖して、神という存在を造り出しただけでしょ?w
そんなフィクションを基に予言したって、フィクションのフィクションになるだけでしょw
バカらしいwww

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。