2021年から気温が下がり始め、30年に氷河期に突入する! 英数学者「97%の精度で予測。夏は消滅、そして…」

 以前よりトカナでも繰り返しお伝えしているが、あと十年余りで地球の気温は下がり、氷河期に突入すると科学者たちは警告を続けている。気温は2021年には下がり始め、2030年にはかつて世界中で飢饉や恐慌を引き起こしたミニ氷河期が再来するのだという。12月27日付の「Daily Mail」が報じている。

■黒点の減少と地球の気候

 2021年からの気温低下をかねてから警告しているのは、英・ノーザンブリア大学の数学教授バレンティーナ・ザーコバ(Valentina Zharkova)氏である。ザーコバ氏は太陽の磁気エネルギーに関する数学モデルを開発し、太陽が生み出す二つの磁気波の動きを予測した。その結果、2021年から33年間にわたり太陽の磁気波が急激に減少し、1645~1715年に観測されたマウンダー極小期が再来するというのだ。

【悲報】2021年から気温が下がり始め、30年に氷河期に突入する! 英数学者「97%の精度で予測。夏は消滅、そして…」の画像1黒点のない太陽(2017年12月28日)。画像は「宇宙天気情報センター」より引用

マウンダー極小期とは1645~1715年の間、太陽の黒点が著しく減少した時期のことを指す。通常であれば総数で4~5万個が観測されるはずだが、この30年間に観測された黒点はたったの50個ほど。黒点は太陽の磁場によって発生すると考えられており、およそ11年周期で増減を繰り返している。

黒点数が示す太陽の磁気活動の強弱は地球の気候とも関連しているといわれている。マウンダー極小期の時期、ヨーロッパや北米では気温が明らかに低下していた。厳しい冬におよそ夏らしくない冷夏、夏のない年すらあったという。イギリスではテムズ川が凍りつき、スケート場になったという記録が残されている。

【悲報】2021年から気温が下がり始め、30年に氷河期に突入する! 英数学者「97%の精度で予測。夏は消滅、そして…」の画像2凍結したテムズ川。画像は「Wikipedia」より引用

 ザーコバ氏の試算によると、太陽の活動は2030年代におよそ60%低下するという。これはマウンダー極小期の最後の頃とほぼ同じくらいだという。ザーコバ氏は自身のモデルは97%の精度を誇るとし、予測結果に自信を持っている。

■ミニ氷河期を防ぐ意外な救世主?

 だが、その一方でザーコバ氏は太陽活動の低下が気候の寒冷化につながらない可能性も指摘している。その理由は地球温暖化だ。ザーコバ氏は「地球温暖化が(太陽活動低下の)影響を覆してくれるかもと期待している」とまで述べている。

 人類の活動による地球温暖化が太陽の活動低下によるミニ氷河期の訪れを防ぐとしたら、それはそれでなんとも皮肉なことではある。それでもミニ氷河期が訪れるよりはマシだろう。なにしろ、前回のマウンダー極小期の頃、世界では不作と飢饉が相次ぎ、日本でも幾度となく大飢饉が起きた。食糧の不足は当然社会不安に直結する。不満のはけ口なのか、欧米での魔女裁判がより激しく過激になっていったのもこの時期だ。

 果たしてミニ氷河期は来るのか来ないのか? 私たちはただその時を待つしかない。

参考:「Daily Mail」「Sky News」ほか

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

2021年から気温が下がり始め、30年に氷河期に突入する! 英数学者「97%の精度で予測。夏は消滅、そして…」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル