【フェブラリーS】3年連続で万馬券的中の“ヤバすぎるプロ集団”が極秘情報を公開! 大本命ゴールドドリームの本当の状態も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
feb0214.jpg
週末は注目のフェブラリーステークス!

 今週末の日曜日には競馬ファン待望のG1レース、第35回フェブラリーステークスが東京競馬場で行われる。暮れのチャンピオンズカップとともにJRAで行われる2つのダートG1レースのひとつだが、1着賞金は破格の1億円。チャンピオンズカップの賞金9700万円よりも上だ。

 過去にはドクターコパの愛馬コパノリッキーが最低人気で勝利し、さらにアグネスデジタル、ゴールドアリュール、カネヒキリ、エスポワールシチーなど歴史に名を残す名馬が勝利してきたレースである。

 今年は王者コパノリッキーの引退で混戦模様だが、昨年の優勝馬ゴールドドリームと究極の上がり馬テイエムジンソクの対決に注目が集まっている。ゴールドドリームは昨年5戦して2勝のみだが、その2勝はすべてG1レース。鞍上は世界を代表するライアン・ムーア騎手で、この馬に騎乗するため日本にやってきたといえるだろう。今回は約2カ月半の休み明けとなるが、その仕上がり具合がポイントになる。

 またテイエムジンソクは昨年5月から12月までに6戦して4勝2着2回とほぼパーフェクトな成績、あれよあれよという間にトップクラスにまで上り詰めた。暮れのチャンピオンズカップでは優勝したゴールドドリームに破れて2着だったが、前哨戦の東海ステークスを快勝して勢いに乗っている。鞍上の古川騎手とのコンビ結成で一気に素質が開花した印象だ。

 他にも武豊騎乗のアウォーディー、根岸ステークスで劇的な復活勝利を見せた内田博幸騎乗のノンコノユメ、川崎記念を快勝した福永祐一騎乗のケイティブレイブ、実績馬ベストウォーリア、サウンドトゥルーなどダート界を代表する役者がそろった。まさにダート王者を決定するレースに相応しい顔ぶれといえるだろう。


■究極の馬券勝負、G1を的中させるには?

 ここで唐突だが、この注目G1レースのフェブラリーステークスを的中させてみたくはないだろうか?

 実は現在このフェブラリーステークスを3年連続で的中させている競馬情報のプロ集団である「マスターズ」が、

「今年も他では絶対に入手できない内部情報を入手しており、4年連続的中を確信しております。的中予告G1レースとして提供できるレベルに達しました。絶対に見逃さないでください」(マスターズ)

 と衝撃の情報を届けてくれたのだ。しかも詳細は後述するが、このフェブラリーステークス情報を無料で公開する用意があるというから聞き逃せない。

 このマスターズとは、スポーツ紙や競馬専門紙と違い、本物の競馬関係者が情報網として参加しているのが大きなポイント。その範囲は元調教師、元騎手、元厩務員、元助手、牧場、馬主関係者、競馬記者など多岐に渡っており、その結果ありとあらゆる勝負情報が集まってくるという。

 実際のところ競馬関係者はスポーツ紙などのマスコミの取材に対し、管理馬の状態や狙いなどを正直に話す義務はないという。中には取材拒否をする調教師や、適当に対応して状態を隠すこともあるようだが、すべてがそうではない。しかし本当に勝負をかけたレースにおいて、わざわざ他の陣営からマークされるような本音を話さないのは当然といえば当然だろう。

 マスターズはその「本音」を入手できる立場にある。それはマスターズの情報を集めるスタッフが、自身が調教師、騎手、厩務員、調教助手といった競馬関係者の出身であり、いわば競馬サークル関係者は皆「同じ釜の飯を食った仲」だからだ。当然、スポーツ紙や競馬専門紙には話さない「本音話」を聞くことができるのである。

 以上のことからもマスターズがいかに価値のある情報を持ち、その結果3年連続でフェブラリーステークス的中という快挙を達成したことも理解できるだろう。


■マスターズの内部構成とは?

 マスターズには競馬情報の根幹をなす「厩舎セクション」「騎手セクション」「馬主セクション」と、それぞれの情報のスペシャリストが存在し、一つのレース、一頭の馬について多角的に情報を得ることで「本当に買える話」なのかを検証できる態勢が整っている。マスコミにはあり得ないその姿勢が、より的中精度を高めている要因だと思われる。そして週末に迫ったフェブラリーステークスに関しても、

「ゴールドドリームの本当の状態、テイエムジンソクの東京遠征、あっと驚く伏兵馬の存在、絶対に馬券に絡まない過剰人気馬など、他では逆立ちしても手に入らない本音の情報がすでに山積みです。過去の的中を超える自信度で提供しますよ。ぜひご期待ください」

 と語っており、ますます期待が高まる状況となっている。

 ちなみにマスターズは現在23週連続で万馬券を的中させており、直近の2月12日も東京4R3歳未勝利で6番人気2着のワセダインブルーを本命に3連単3万9620円という万馬券を仕留めている。まさにこの勢いに乗って週末のフェブラリーステークスも万馬券を手にしたいものだ。


■フェブラリーステークスの万馬券情報

 さてお待たせしたが、前述したマスターズが無料で公開するフェブラリーステークス情報について説明しよう。今回マスターズがこの記事を読んだ方へ提供してくれるのは「フェブラリーステークスの3連単勝負馬券情報」だ。この3連単勝負馬券情報は万馬券を連発させている特別な情報で、こんなハイレベルなものを無料で公開するというのははっきり言って尋常でない。実際に1月は重賞の京成杯(G3)で1万2290円の万馬券、そして12月では重賞のターコイズステークスを提供し、3連単9万4580円という特大万馬券を的中させているのだからその情報精度はかなりのものだろう。フェブラリーステークスの馬券を購入するなら必見の情報であることは間違いない。

feb0214-2.jpg
3連単勝負馬券情報で京成杯の万馬券もズバリ!

 このフェブラリーステークスを皮切りに春競馬がスタートし、競馬は更に盛り上がっていく。競馬関係者の「本音」を知ることができるマスターズを活用すれば、競馬で一獲千金も夢ではない。まずはこのフェブラリーステークスで情報の神髄を体感しようではないか。フェブラリーステークスの無料情報はマスターズ公式サイトでチェックしよう。

CLICK→無料公開「フェブラリーステークスの3連単勝負馬券情報」マスターズ

※こちらの記事はPRです。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。