記憶障害のロシア美女、夫との離婚を記憶しておらず、毎日事実を知るたび号泣「泣きたくなるほど可哀想な離婚ループ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

,

,

,

,

記憶障害のロシア美女、夫との離婚を記憶しておらず、毎日事実を知るたび号泣「泣きたくなるほど可哀想な離婚ループ」の画像3画像は「Mirror」より引用

 ベロニカさんの繰り返される悲しみもいたたまれないが、毎日娘の悲しむ姿を見なくてはならない母親の悲しみはそれにもまして深いだろう。ネットユーザーからも「泣きたくなるほどかわいそう」、「夫が去ったのではなく、彼女が夫を捨てたと伝えてあげた方がいい」といった同情的なコメントが寄せられている。ベロニカさんの母親はいつか娘の記憶力も戻り、元夫と再び結ばれることを願っているという。

 オンラインメディア「LAD Bible」は、同じくポルフィリン症に苦しむ米ポルフィリン症基金のジャックさんの言葉を伝えている。

記憶障害のロシア美女、夫との離婚を記憶しておらず、毎日事実を知るたび号泣「泣きたくなるほど可哀想な離婚ループ」の画像4ベロニカさんと元夫「Mirror」より引用

「良き伴侶に恵まれたなら、その関係を大切にしてください。私は、患者として、慢性的な疾患を持つ人と結婚生活を営むことがどれほど大変か実感しています。その見返りにパートナーには優しくしてください。私の妻は愛情があり献身的ですが、私が彼女に与えるストレスが大きいことも分かっています。私と生活することで彼女が耐え忍んでいるあらゆることに対し、私はとてつもない罪の意識を感じ続けています」

 ジャックさんのように献身的なパートナーがベロニカさんにもいたら……と思わずにはいられない。ベロニカさんの困難な状況に何らかの救いがあるとすれば、彼女が毎日感じている悲しみは、彼女にとっては1回限りの経験であるということだけだろう。
(編集部)


参考:「Daily Mail」、「LAD Bible」、ほか

人気連載
【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

ーー“魔女”になるためのデタラメな修行を重ねてきた漫画家・木...

人気連載
奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に変わ...

関連キーワード

コメント

5:匿名 2018年3月11日 09:05 | 返信

結婚したのは覚えてるのか

4:匿名 2018年3月11日 00:00 | 返信

あまりに辛く悲しい。

医療技術の進歩で治るものになれば良いのにと切に思う。。。

3:匿名 2018年3月10日 16:45 | 返信

以前にNHKで高次脳機能障害の日本人男性のドキュメントを見たことがある
その男性は30分と記憶が持たない障害だった
密着取材しているスタッフに、1日に何度もどちら様でしたっけ?と聞いていた
たしか、事故で障害を負ってしまったのだけど、事故以前の記憶はしっかりしている、新しいことだけ記憶できないのだ
そして、何が一番つらいのは、新しく産まれた子供の顔が覚えられないことと、二人の子供と遊んだ楽しい幸せな記憶も忘れてしまうこと
テレビ見てて切なすぎて泣いたね

2:匿名 2018年3月10日 14:40 | 返信

夫ブサイクだな

1:匿名 2018年3月10日 13:03 | 返信

この記事が真実だとしたら、リアル忘却探偵かw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。