【禁忌】“人間の細胞”で作った培養肉はカニバリズムのタブーを打ち破る? リチャード・ドーキンスの問いに世界が激論!

【禁忌】人間の細胞で作った培養肉はカニバリズムのタブーを打ち破る? リチャード・ドーキンスの問いに世界が激論!の画像1リチャード・ドーキンス氏。画像は「Daily Mail」より引用

 未来の食肉と話題の培養肉・クリーンミート。市場での発売も間近と伝えられる中、Twitterで論争が巻き起こった。それは「人間の肉を培養したら、カニバリズムのタブーを破れるか?」というもの。英「Daily Mail」が今月14付で伝えている。

■人間のクリーンミート

「人肉を培養したらどうなる? 私たちはカニバリズムのタブーを克服できるだろうか?」

 Twitterでそんな問いを発したのは、『利己的な遺伝子』の著者としても知られる高名な進化生物学者リチャード・ドーキンス氏である。ドーキンス氏は動物の筋肉細胞を数週間培養して作る未来の食肉・クリーンミートのニュースに触れ、同じテクノロジーで作った人肉は食肉として認められるかを問うたのである。

 トカナでもお伝えしたが、先日、一部企業が2018年中にクリーンミートを一般発売するというニュースが世界的な話題となった。クリーンミートは食中毒などのリスクが低く、その上、従来の畜産業より遥かにエネルギーや土地を使わずに済むという利点があるとされる。クリーンミートは増加する食肉需要を満たす上で重要なテクノロジーと考えられている。

【禁忌】人間の細胞で作った培養肉はカニバリズムのタブーを打ち破る? リチャード・ドーキンスの問いに世界が激論!の画像2クリーンミートのパテ。画像は「Daily Mail」より引用


 ヴィーガンや菜食主義者の一部はクリーンミートの登場を歓迎している。彼らにとってクリーンミートは殺生を伴わない理想的な肉なのだ。では、この技術を用いて人間の筋肉を培養したら? 人肉食のタブーを我々は克服し、クリーン人肉を食肉だと認められるのだろうか?

人気連載

『不思議の国のアヌス』『床ジョーズ』『パイパニック』…AVパロディの知られざる傑作、マイケル・ジャクソンの『ドリラー』とは?

『不思議の国のアヌス』『床ジョーズ』『パイパニック』…AVパロディの知られざる傑作、マイケル・ジャクソンの『ドリラー』とは?

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映...

2022.01.24 12:00ART
【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

※ 前編はコチラ!  狭いエリアで10年間に2度も起きている現役女子高生の殺...

2022.01.23 18:00日本
【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

 自分が雨男雨女だと思っている人などは、ことあるごとに天気運がないと感じるこ...

2022.01.22 18:00日本
なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

【禁忌】“人間の細胞”で作った培養肉はカニバリズムのタブーを打ち破る? リチャード・ドーキンスの問いに世界が激論!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル