【禁忌】“人間の細胞”で作った培養肉はカニバリズムのタブーを打ち破る? リチャード・ドーキンスの問いに世界が激論!

0315cannibalism-1.jpgリチャード・ドーキンス氏。画像は「Daily Mail」より引用

 未来の食肉と話題の培養肉・クリーンミート。市場での発売も間近と伝えられる中、Twitterで論争が巻き起こった。それは「人間の肉を培養したら、カニバリズムのタブーを破れるか?」というもの。英「Daily Mail」が今月14付で伝えている。

■人間のクリーンミート

「人肉を培養したらどうなる? 私たちはカニバリズムのタブーを克服できるだろうか?」

 Twitterでそんな問いを発したのは、『利己的な遺伝子』の著者としても知られる高名な進化生物学者リチャード・ドーキンス氏である。ドーキンス氏は動物の筋肉細胞を数週間培養して作る未来の食肉・クリーンミートのニュースに触れ、同じテクノロジーで作った人肉は食肉として認められるかを問うたのである。

 トカナでもお伝えしたが、先日、一部企業が2018年中にクリーンミートを一般発売するというニュースが世界的な話題となった。クリーンミートは食中毒などのリスクが低く、その上、従来の畜産業より遥かにエネルギーや土地を使わずに済むという利点があるとされる。クリーンミートは増加する食肉需要を満たす上で重要なテクノロジーと考えられている。

0315cannibalism-2.jpgクリーンミートのパテ。画像は「Daily Mail」より引用


 ヴィーガンや菜食主義者の一部はクリーンミートの登場を歓迎している。彼らにとってクリーンミートは殺生を伴わない理想的な肉なのだ。では、この技術を用いて人間の筋肉を培養したら? 人肉食のタブーを我々は克服し、クリーン人肉を食肉だと認められるのだろうか?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ