• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11

 AI(人工知能)の深層学習を利用し、有名女優の顔を任意のポルノ映像と合成した極めて精度の高い「フェイクポルノ」が、昨年末から海外オンライン掲示板「Reddit」を中心に広がりを見せているが、ここに来て、AIのさらなる可能性が明らかになった。


■10代少年がAIで裸婦画を作成「機械は人間をこう見ている」

 英紙「Daily Mail」(29日付)によると、米ヴァージニアに住む10代の天才少年ロビー・バラットくんは、数千にも及ぶ裸婦画をAIに深層学習させ、そこからオリジナルのヌード画像(裸婦画)を作成したという。

 その裸婦画を見てみると、ハッと息を飲む。辛うじて女性が描かれているということは理解できるが、ほとんどはぼやっとした不出来な肉塊にしか見えないのだ。フランシス・ベーコンの絵画やキュビスムを連想させるが、正直気持ち悪い……。だが、これに対しバラットくんは「このように機械は我々人間を見ているのかと思い驚きました」とコメント。さすが天才少年、凡人とは言うことが違う。

AIが描いた激ヤバ「女性のヌード絵」が初公開! 天才少年が作成「機械は人間をこう見ている」、これが未来のポルノだ!の画像1
画像は「BoingBoing」より引用
AIが描いた激ヤバ「女性のヌード絵」が初公開! 天才少年が作成「機械は人間をこう見ている」、これが未来のポルノだ!の画像2
画像は「BoingBoing」より引用
AIが描いた激ヤバ「女性のヌード絵」が初公開! 天才少年が作成「機械は人間をこう見ている」、これが未来のポルノだ!の画像3
画像は「BoingBoing」より引用
AIが描いた激ヤバ「女性のヌード絵」が初公開! 天才少年が作成「機械は人間をこう見ている」、これが未来のポルノだ!の画像4
画像は「BoingBoing」より引用

 バラットくんは最近高校を卒業したばかりだが、今は半導体メーカー「NVIDIA Corporation」で、AIの深層学習のインターンをしているという。今回の作品もインターンの一環であり、数百年前の裸婦画を中心に、「Generative Adversarial Network(GAN)」と呼ばれるニューラルネットワークを駆使し、絵の形、大きさ、色、人物の姿などを学習させたのだという。これは、generator(生成者)が作り出した絵に対し、discriminator(識別者)が本物の絵との違いを識別することで、徐々に本物らしい絵を学習していくシステムとのことだ。このようなAIのシステムをバラットくんは20世紀アメリカのアーティスト、ソル・ルウィットになぞらえている。ルウィットはペインティングの指示書やルールを美術館に送り、それに従って職人が作品を制作したことで知られている。

「時間を経るごとに良くなっていきます。より長くGANが訓練されれば、より良い作品が生まれます」(バラットくん)

コメント

11:匿名2018年7月29日 22:42 | 返信

まるでクリーチャーだな。
AIが人間を怪物と認識して攻撃してきそうだ。

10:匿名2018年7月29日 22:40 | 返信

まるでクリーチャーだな。
AIが人間を怪物と認識して排除してきそうだ。

9:匿名2018年4月 2日 15:20 | 返信

ヤバイ
ちょっと前まではかなりキツめのエフェクトを掛けただけの画像だったのに、これは絵になり始めてる

8:トランプ大統領2018年4月 1日 07:11 | 返信

>>7

お前はウンコになりたいのか?
では、さっちゃんの操る中国人に食べられてウンコになればいい。
それか
味噌煮込みうどんかカレーでも作って食え!
名古屋人の同士になれる。

7:匿名2018年3月31日 19:50 | 返信

>>6

同志がいやがった!

6:匿名2018年3月31日 19:39 | 返信

うーんこの寄生獣w

5:匿名2018年3月31日 16:57 | 返信

ピカソ級の天才

4:匿名2018年3月31日 16:56 | 返信

ピカソ級の天才

3:匿名2018年3月31日 15:47 | 返信

画像データを突っ込んだだけだと、手だ足だという判断をしないので、こうなりそうという感じはする。
サンプル的なものは深層学習の参考書とかにもあるので、ある程度は出来そうだけど、中身を工夫したりするのは非常に難しい、こういったのは。

2:匿名2018年3月31日 13:40 | 返信

AIを取り替えろよ

1:匿名2018年3月31日 12:52 | 返信

ハッ、AIもまだまだだなっ(汗)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。