大物競馬プロ集団が緊急告白「桜花賞は最高の手応え。高額万馬券も」! “マスコミが知り得ない”圧倒的的中率の激ヤバ情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

406tcn1.JPG
いよいよ週末は桜花賞だが……

■公営競技で稼ぐなら、競馬一択だ!

 高松宮記念を皮切りに、春のG1シーズンが本格的に開幕した競馬。ボートレースや競輪も全国でビッグレースが行われ、公営競技は各地で賑わいを見せている。一獲千金を目指すギャンブルファンにとって、春は絶好の稼ぎ時といえるだろう。

 ただし、ボートレースや競輪はなかなか高配当が飛び出しにくく、またデータや情報が充実していないため一獲千金が狙いにくい。やはり、毎週のように100万馬券や10万馬券が飛び出す競馬の方が、稼ぐためには最適といえるだろう。

 しかも、競馬は他の公営ギャンブルと違ってインサイダー的な“穴情報”が多分に存在するのがポイントだ。その理由は、マスコミが競馬関係者から信頼を得られていないため、すべての情報が語られていないことや、馬主や調教師の指示もあって本当の情報が秘匿されていることにある。

 さて、春のG1シリーズは、競馬ファンにも競馬ファンでなくても胸躍る最高のタイミング。1年に一度の晴れ舞台である日本ダービーを目指して生産された7000頭のサラブレッドたちのドラマに酔いしれながら、一獲千金を目指して各々の予想法を披露する場である。


■圧倒的知識のシンクタンク構成員、その強さの秘密

 そんな中、先週行われた大阪杯(G1)を的中させ、さらに海外で行われたドバイシーマクラシック(G1)の万馬券も仕留めたという絶好調の予想集団の話を聞いた。最強のプロ馬券師集団として名高いシンクタンクだ。

 シンクタンクといえば、その名を耳にしたことがある競馬ファンも少なくないだろう。この競馬総合情報社には、元JRA調教師や元JRA騎手といった本物の競馬関係者が多く名を連ねている。

 一般に引退後の調教師や騎手は隠居するか、馬主のサポートをするか、牧場を手伝うなど競馬の裏側で活躍することが多い。しかし、シンクタンクに所属する元関係者達は、引退後に

「競馬ファンへ恩返しがしたい」

という思いから、競馬ファンが最も必要とする

「確かな情報」

を提供する道を選んだ。その真意について、スタッフの1人はこう語っている。

「現役時代は、直接ファンと接することができなかった。例えば今日の馬は調子がいいから馬券を買いなよ、なんて言えばJRAから罰せられてしまうし、追放されてしまうこともある。でも、競馬はファンあってのもの。ファンが馬券で支えてくれなければ存在できない。だから、引退後はファンの力になると決めていたんだ」

 確かに公正競馬を前面に押し出すJRA(日本中央競馬会)の規則では、関係者による予想行為につながる行動や発言は禁止されている。ゆえに記者がその代弁者となるわけだが、競馬関係者はマスコミを好意的に見ていないし、ある事情から本音を話さない。

「彼らのほとんどは勉強不足ですよ。特にスポーツ紙は競馬の素人を担当に回すこともあるし。話したことと全く違う内容が記事になったこともあるし。それに、誰の目にも触れるマスコミに本音を話す事は、陣営にとってデメリットにしかならないですから」

 こう関係者が語るように、陣営が本気で勝ちにいくなら、わざわざ他の陣営からマークされるような強気な発言は慎むもの。

 しかし現役の調教師や騎手とともに活動してきたシンクタンクに所属する関係者たちは違う。ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫・元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一・元JRA調教師、史上初となる全10場所重賞制覇を成し遂げた安田富男・元JRA騎手、そして境征勝・元JRA調教師、平井雄二・元JRA調教師をはじめ、現役関係者の先輩や仲間、さらに諸事情で名前を明かせない大物関係者も含めれば、その影響力は無限といえるもの。彼らの後輩にあたる競馬関係者は

「増沢先生や中野渡先生に聞かれたら嘘は言えません。マスコミとは違って雲の上の人達ですから」
「馬の仕上げ方で相談に乗ってもらうこともありますし、こちらも助かっていますからね。そりゃとっておきのネタも流しますよ。マスコミはお中元とお歳暮以外は何もしてくれませんから」

 と本音で話してくれたが、それらはすべて事実だろう。同じトレセンという職場で長い時間を過ごした仲間と、他人でしかないマスコミと扱いが違うのは当然だ。ならばシンクタンクが入手する情報さえあれば、あとは何もいらないだろう。


■桜花賞は過去最高の手応え、極秘情報を暴露!

 そのシンクタンクはこう語っている。

「桜花賞を含め、この春は過去最高の手応えを掴んでいます」

 これは、この春のG1シリーズで馬券を購入する競馬ファンにとって朗報ではないだろうか。そして、これから競馬を始めようと考えているビギナーにとっても非常に価値のある話といえるはず。

 シンクタンクは昨年から64週連続で重賞、メインレースを連続的中という偉業を達成し、先週のG1レース大阪杯を的中させ、さらにドバイシーマクラシックでは6番人気の勝ち馬に本命を打ち、見事に万馬券を的中させた。この64週の中には、重賞の愛知杯で3連単12万1160円やキーンランドカップの3連単11万4130円といった高額万馬券を的中させた実績もある。これだけ続くのだから、シンクタンクの情報を毎週チェックし、この連続的中がどこまで続くのか見届けたいほどだ。

406tcn2.jpg
会員から届く感謝の声

 そして今週行われる桜花賞は、過去10年で2万4020円、2万330円といった万馬券を7度も的中させている得意のレース。今年は、2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズを完全的中させ、さらにフェアリーS、アネモネS、チューリップ賞など、桜花賞につながる前哨戦を的中させるなど傾向を完全に把握。加えて無敗の2歳女王ラッキーライラックを脅かす伏兵の存在までキャッチしているとのことで、この馬が1着に来れば、万馬券だけでなく高額万馬券の可能性もあるという。これはシンクタンクだけが独占入手した情報であり、マスコミはもちろん、他社はそのヒントさえ知ることはできないという。

 シンクタンクの桜花賞情報から目が離せないところだが、なんとシンクタンクの担当者から朗報が届いた。今週の桜花賞に関して、まだシンクタンクを利用したことがない人を対象に、特別に「桜花賞1点情報」を無料で公開してくれるというのだ。高額万馬券も期待できる穴馬情報とは? この無料情報は何が何でも手に入れるべきだ。

 まずは、この桜花賞情報を無料で手に入れ、シンクタンクが過去最高の手応えを感じているという春のG1シーズンに備えたい。シンクタンクの公式サイトでは【G1特集】【今週の馬券作戦】といった必見の無料コンテンツがあるので、それらもぜひチェックしておきたい。そして、今年こそ競馬で一獲千金を成し遂げたいもの。シンクタンクの情報なら、それが可能になるだろう。

CLICK → 「桜花賞 1点馬券 無料公開」シンクタンク


※本稿はPR記事です。

関連キーワード

JRA

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。