「2030年までに1%のエリートが世界の3分の2の富を独占」英政府機関発表! ピケティの予言的中、NWOが現実に!

■圧倒的な経済格差はシナリオ通り?

「2030年までに1%のエリートが世界の3分の2の富を独占」英政府機関発表! ピケティの予言的中、NWOが現実に!の画像4画像は「Neon Nettle」より引用

 陰謀論的には、新世界秩序であるニュー・ワールド・オーダー(NWO)の実現が着々と進んでいると見ることもできるだろう。以前トカナでも報じたように、元イルミナティ構成員のロナルド・ベルナルド氏は、世界金融はピラミッド状に構成されたトップダウンの絶対的な権力構造を持つと語っていた。そして、そのピラミッドの頂点である「国際決済銀行(BIS)」は、あの陰謀一族「ロスチャイルド家」の影響下にあると予言研究家の山田高明氏が指摘しているのだ。完全な“経済の書き換え”はこの牙城を崩さない限り不可能だろう。

 しかし、このまま経済格差を放置するわけにはいかない。他にどんな方法があるだろうか? 1つは、『21世紀の資本』の著者トマ・ピケティが提案している「グローバル累進課税」の導入である。金融資産、土地、株、事業資産などに累進性の課税をすることで、より富める者から多くの税金を取り、富を再分配するというアイデアだ。しかも、“グローバル”とあるように、これは世界中で同時に実施されなければならない。この点を見れば、「グローバル累進課税」は、穏健な世界同時革命論と言えるだろう。

 だが、このアイデアには現実味がないとよく言われるように、結局のところ、こんなことを世界の覇権を握るエリートが許すはずもない。現在のところNWOを阻止する現実的な方法はなさそうだ。我々はこのまま搾取され続けていくしかないのだろうか……。

参考:「New Scientist」、「Global Wealth Report」、ほか

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「2030年までに1%のエリートが世界の3分の2の富を独占」英政府機関発表! ピケティの予言的中、NWOが現実に!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル