半人半獣の超巨大UMA「犬人間」が地元紙で激写される! ピットブルさえ噛み殺す凶暴性…チュパカブラか?=アルゼンチン

半人半獣の超巨大UMA「犬人間」が地元紙で激写される! ピットブルさえ噛み殺す凶暴性…チュパカブラか?=アルゼンチンの画像1画像は「YouTube」より引用

 南米アルゼンチンの街中を深夜、半人半獣の怪物が歩き回っているというニュースが舞い込んできた。その姿は写真にも収められ、ネット上で大きな話題になっている。

 アルゼンチン紙「Perfil」(11日付)によると、問題の怪物はアルゼンチン・サンタフェ州トトラスに出現、夜な夜な街中を歩き回り、これまでにジャーマン・シェパードとピットブルを噛み殺しているというから恐ろしい。

 ネット上ではその怪物を写したとする写真が出回っており、米・映像ストリーミング配信会社「ネットフリックス」の人気ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」に登場する怪物デモゴルゴンや、伝説のオオカミ男になぞらえて語られているという。

半人半獣の超巨大UMA「犬人間」が地元紙で激写される! ピットブルさえ噛み殺す凶暴性…チュパカブラか?=アルゼンチンの画像2画像は「YouTube」より引用
半人半獣の超巨大UMA「犬人間」が地元紙で激写される! ピットブルさえ噛み殺す凶暴性…チュパカブラか?=アルゼンチンの画像3ボルゾイ「Wikipedia」より引用

 問題の写真には、犬に似た巨大な四足歩行の生物が写っている。体調は2.1mほどとのことだ。一瞬、脚が長いことでしられる犬種であるボルゾイを思わせるが、顔つきが全く違う。それにボルゾイは大型犬とはいえ、強靭な筋肉を持つジャーマン・シェパードや、凶暴な性格で強い顎を持つピットブルを無傷で噛み殺すのは難しいだろう。一体これは何なのだろうか?

 以前トカナでもお伝えしたように、以前、南アフリカ共和国北東部リンポポ州で半分が犬、半分人間のような奇妙な生物が撮影されている。今一度その姿を見てみると、どことなく今回撮影された生物と似ているような気もするが……。ネット上では、どう考えられているのだろうか? 英紙「Mirror」(16日付)が、複数のYouTubeユーザーのコメントを紹介している。

半人半獣の超巨大UMA「犬人間」が地元紙で激写される! ピットブルさえ噛み殺す凶暴性…チュパカブラか?=アルゼンチンの画像4半分人間のような奇妙な生物「YouTube」より引用

「2005年にこれと同じものと橋の上で遭遇したことがある。そいつは突然振り返ると、カンガルーみたいに飛び上がって、コンクリートの壁をよじ登っていった。そして、高さ4.5m~6mあるその橋から地上に向かってジャンプしたんだ」
「フィリピンでは“ASWANG”と呼ばれている。犬に変わった人間だ」
「これは悪魔だろ。猫や鳥にも姿を変えるはずだ」

半人半獣の超巨大UMA「犬人間」が地元紙で激写される! ピットブルさえ噛み殺す凶暴性…チュパカブラか?=アルゼンチンの画像5二足歩行するチュパカブラ「YouTube」より引用

 あるいは、南米の吸血UMA「チュパカブラ」の可能性もあるだろう。ポルトガルで撮影された「二足歩行するチュパカブラ」とも体の輪郭が似ている。これまでアルゼンチン当局の動きは報じられていないが、未知の生物だとしたら、世紀の大発見になるかもしれない。願わくば、これ以上被害が出ないうちに捕獲してもらいたいものだ。続報を心待ちにしよう。

参考:「Perfil」、「Mirror」、ほか

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

半人半獣の超巨大UMA「犬人間」が地元紙で激写される! ピットブルさえ噛み殺す凶暴性…チュパカブラか?=アルゼンチンのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル