怪奇人物「シャドーピープル」を召喚する3つの方法を解説! 呪文、負の感情… 家庭が崩壊している人は呼びやすい!

関連キーワード:

,

,

,

,

怪奇人物「シャドーピープル」を召喚する3つの方法を解説! 呪文、負の感情… 家庭が崩壊している人は呼びやすい!の画像1画像は「Disclose.tv」より引用

 2001年ごろからアメリカ全土で目撃されている怪奇人物「シャドーピープル」(または、シャドーマン)。影のように真っ黒な姿をしており、人間のように動く。その姿を見た人は体調不良を訴えたり、家が揺れるなどのポルターガイストを体験したと報告されている。この度、ミステリーサイト「Disclose.tv」(17日付)が、シャドーピープルの召喚方法を3つ公開しているのでご紹介したい。


■負の感情による召喚

怪奇人物「シャドーピープル」を召喚する3つの方法を解説! 呪文、負の感情… 家庭が崩壊している人は呼びやすい!の画像2画像は「Freaked」より引用

 シャドーピープルは負の感情に魅了されるため、召喚者の負の感情が重要になってくるという。特に、シャドーピープルの一種であるハットマンを呼び出すためには、特殊なタイプの負の感情が必要となるとのことだ。

 たとえば、家庭が崩壊しており、感情の起伏が激しい人は、ハットマンを呼び出しやすいそうだ。ハットマンを過去に召喚した経験を持つ、シャドーピープル専門サイトを運営しているダンカン・コナー氏によると、夫婦喧嘩が多い家庭にハットマンは出現し易いという。召喚場所は、くもの巣が張り、ホコリが溜まり、薄暗い地下の部屋が最も適しているとのことだ。


■黒魔術による召喚

怪奇人物「シャドーピープル」を召喚する3つの方法を解説! 呪文、負の感情… 家庭が崩壊している人は呼びやすい!の画像3画像は「Disclose.tv」より引用

 魔女は呪文を使い、シャドーピープルを召喚することがあるという。儀式の下準備は簡単だ。空き部屋、水晶、黒いキャンドルを用意し、部屋の隅に静かに座り、目を閉じる。集中し、手を空中に突き出しながら、部屋の温度が下がるのを待つ。すると、囁き声や黒い人影が現れてくるそうだ。シャドーピープルが出現したら、それに集中し、彼らの注意を引く。ただし、危険を察知したら、すぐに水晶を地面に落とし、目を開き、キャンドルの灯りを素早く消さなければならないという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ