• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 昨年11月、イギリス王室のヘンリー王子と婚約したことを発表した米女優のメーガン・マークルさん。今月19日にウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で挙式予定だが、ここに来て英・エリザベス女王も真っ青の事実が明らかになった。なんと、メーガンさんは米国を震撼させた連続殺人鬼の子孫だったというのだ!

 英紙「The Sun」(16日付)によると、英国で15日に放送されたドキュメンタリー番組「Meet the Merkles(マークル一族に会う)」で驚きの事実を暴露したのは、メーガンさんの8人目のいとこだというジェフ・マジェット氏。マジェット氏は現役の弁護士とのことだが、何を隠そう「殺人ホテル」を建設し、200人以上を殺害したヘンリー・ハワード・ホームズから数えて5代目の子孫なのだ!

markle_01.jpg
画像は「Daily Mail」より引用


■ヘンリー・ハワード・ホームズとは?

 以前トカナでも紹介したが、ヘンリー・ハワード・ホームズ(本名、ハーマン・ウェブスター・マジェット)は、1893年に地元の人々が「城」と呼ぶほど巨大な3階建てのホテルを建設。この悪夢のホテルを舞台に、さまざまな手法でホームズは殺人を楽しんだと言われている。

 ある被害者は、防音のベッドルームに閉じ込められ、そこにガスを充満させられて中毒死した。また、ある被害者は、ホテルの2階にあった、通称「首吊り」部屋に連れて行かれ、ホームズの手によって絞首刑に処された。また、ホームズのオフィスには巨大な金庫があり、その中に閉じ込められ、薄れゆく酸素の中で窒息死していった被害者もいたそうだ。詳しくは過去記事

markle_03.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 アメリカ最初のシリアルキラーと言われるホームズの5代目の子孫であるマジェット氏とメーガンさんが親戚関係であるということは、マークルさん自身にもこの連続殺人鬼の血が流れているということになる。メーガンさんの母はアフリカ系アメリカ人、父のトーマス・マークルさんはオランダ=アイルランド系の出自であるから、ホームズの血は父からメーガンさんに受け継がれたようだ。そしてマジェット氏は、さらなる驚愕の事実も明らかにしている。

コメント

2:匿名2018年10月15日 19:23 | 返信

ありえない。そのシリアルキラーを調べたらイングランド系アメリカ人だった。メーガン・マークルさんの父親はオランダ・アイルランド系でしょう?辻褄があわねーよ。
まあ、陰謀説が好きな人とアンチは大喜びだろうけど、嫉妬ばかりしてるアメリカンビッチ達は懲りないね。そしてメディアも懲りない。面白おかしく書いて事実かどうかなんてどうでも良いんだろうね。

1:匿名2018年5月18日 05:55 | 返信

中世ヨーロッパ残虐史
イギリスも 血で血を洗うような 粛清を繰り返して来た王族一族だろ
そのへんは 意外に気にしてないかもよ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。