【衝撃動画】チリに「御札型UFO」6機が出現、超ゆっくり移動する様子が激写!専門家「地球外から飛来したUFO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 今年1月、チリ政府が公式認定したUFO映像が公開され、世界中に衝撃が走ったばかりだが、またしても同国の上空に未確認不幸物体が、しかも複数、出現したというのだ。

cabraufo_02.jpg
チリ政府が公式認定したUFO映像「YouTube」より引用

今月17日、目撃者のエリサンドロ・アントニオ氏が、チリの都市ラス・カブラス上空に6機の奇妙な飛行物体が飛行している様子を動画に撮影し、動画共有サイトYouTubeに投稿。UFO系YouTubeチャンネルがこぞって関心を示し、現在では複数の動画のコピーがYouTube上に投稿されている状況だ。

 なにはともあれ、まずは問題の映像を見てもらおう。

動画は「YouTube」より引用

 白い尾を引く6つの飛行物体がはっきりと確認できるだろう。速度は極めて遅く、かなりゆっくりと進行しているようだ。見方によっては落下しているととることもできる。今月、米・フロリダ州で目撃されたUFO艦隊とも似ていると言えそうだが、一体これは何なのだろうか?

cabraufo_01.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 UFOブログ「UFO Sightings Daily」に掲載されている、世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏のコメント見てみよう。

「目撃者は6機、あるいはもっと多くのUFOを見たと言っています。このUFOは白い航跡を残していますが、これから彼らが来た方向が分かりますね。つまり大気圏外ということです。これらのUFOは大気圏を突き抜けて地球にやって来たのです」(ウェアリング氏)

関連キーワード

UFO

コメント

1:匿名2018年5月26日 12:13 | 返信

最近TOCANAなりの解釈の幼稚化が顕著だ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。