自殺未遂した女性がみた「死後の世界」が普通ではなかった! 2日間意識不明状態でみた“驚愕の場所”とは?

関連キーワード:

,

,

,

 死した後、我々の心や魂はどうなるのか、どこへ行くのか? 古今東西多くの人々が関心を寄せるテーマであり、死後の世界を覗き込んだ人々の証言に興味を惹かれる人は多いだろう。今年5月31日付の英「Express」にもそんな体験談が掲載されている。自殺未遂を図って生死の境をさまよった女性が垣間見たのは「永遠の無」だったという……。

自殺未遂した女性がみた「死後の世界」が普通ではなかった!  2日間意識不明状態でみた驚愕の場所とは?の画像1画像は「Express」より引用


■永遠の無を見た女性

私の眼の前に、永遠の無が広がっているのを見た

 そう自らの臨死体験を回顧するのはアメリカ人女性のバーバラさん。彼女はかつて、大学生の頃に服薬自殺を図り、2日間意識不明に陥った。その時、死後の世界を覗き見たといい、その経験を臨死体験収集サイト「NDERF」に投稿した。

 1966年の春。当時大学2年生だったバーバラさんは、片思いしていた大学院生にフラれるなど悪い出来事が重なり、楽しいはずの大学生活はちっとも楽しくなく、それどころか人生のどん底にいた。彼女には元々うつの傾向があり、高校時代にはアルベール・カミュの「シーシュポスの神話」を読みふけるなど、自殺を希求するところがあったという。

 バーバラさんはドラッグストア入手した薬1瓶を、アルコールと共に一気に飲み干した。ベッドに横たわって眠りに落ちるのを待ったが、彼女は一向に眠れず、意識ははっきりとしたままで、手足が重くなるのを感じていたという。胃の不快感で一度起きた後、再びベッドに戻ると、バーバラさんの目はようやく閉じた。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

自殺未遂した女性がみた「死後の世界」が普通ではなかった! 2日間意識不明状態でみた“驚愕の場所”とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル