「AIドールとのSEXはインポやコミュ障を蔓延させる」専門家危惧! セックスロボットが普及しても性犯罪すら減らない!?

 AI(人工知能)搭載のセックスドール「Harmony」が、先月ついに発売された。ロボットが本格的なセックスにも進出する時代を我々は手放しで歓迎できるのか。専門家からは警戒を呼びかける声も上がっているようだ。


■セックスロボットは性犯罪の減少に結びつかない?

 米セックスドール製造大手・Abyss Creations社の「RealDoll」シリーズの新ブランド「Realbotix」からAI搭載の“セックスロボット”が発売されている。正確にはセックスドールのボディはそのままに、頭部をAIが搭載されたロボティックヘッドシステムに交換して利用することになる。

「AIドールとのSEXはインポやコミュ障を蔓延させる」専門家危惧! セックスロボットが普及しても性犯罪すら減らない!?の画像1Realbotix」より

 このセックスロボットはしゃべる際には口が動き、まぶたも連動して動く優れものだ。目にはカメラを内臓していてパートナーの姿を識別できる。AIシステムの「harmony AI」はスマホ(今のところはAndroid版のみ)にもインストールできるので、外出時でもこのデジタルなパートナーとの交流が可能である。

 文字通り心を通わせることもできるセックスロボットは、社会的には性犯罪の抑制や性感染症の防止などに貢献すると言われ、また孤独を余儀なくされている人々のメンタルヘルスの改善に結びつくことも期待されている。

 セックスロボットの普及は本当にいいことづくめなのか? “セックスロボット時代”の本格的な幕開けに際して、専門家が警告を発している。

 英ロンドン、セント・ジョージズ大学病院のシャンタル・コックス=ジョージ医師とキングス・カレッジ・ロンドンのスーザン・ベウリー教授はセックスロボットの普及によって性犯罪が減るという主張には、ほとんど根拠がないと表明している。それどころかセックスロボットの普及は幼児性愛などの違法な言動が社会的に受け入れられる下地をつくるものになると警鐘を鳴らしているのだ。

 ジョージ医師とベウリー教授が先日「BMJ Sexual & Reproductive Health」で発表したレポートはセックスロボットの普及が性犯罪や性感染症の減少につながるというのは臆測に過ぎないと主張。こうしてセックスロボットが実際に世の中に登場している以上、医師はセックスロボットの使用についての明確なガイドラインを表明する必要があるということだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ