• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
【衝撃】科学者が「異次元の存在」を撮影できる装置を遂に開発! 悪魔、鬼、エイリアン… パラレルワールドの写真1000枚激撮!の画像1
画像は「Disclose.tv」より引用

 科学者がパラレルワールドの生物の撮影に成功したというSF映画さながらのニュースが舞い込んできた。

 オルタナティブニュース「Disclose.tv」(6月21日付)によると、自称科学者で発明家のダニエル・ネメス氏が、「多次元の存在者」を特殊な装置で撮影し、その画像を公開したという。

【衝撃】科学者が「異次元の存在」を撮影できる装置を遂に開発! 悪魔、鬼、エイリアン… パラレルワールドの写真1000枚激撮!の画像2
画像は「Disclose.tv」より引用

 ネメス氏について詳しく紹介しているベネズエラ紙「entorno inteligente」(2017年3月30日付)によると、ネメス氏はスペイン出身で現在は南米コロンビアに在住している科学者とのことだ。14歳の頃より天文学と自然科学に興味を持つようになり、かつてはスペイン・マドリッドの天文学会に所属していたこともあるという。

【衝撃】科学者が「異次元の存在」を撮影できる装置を遂に開発! 悪魔、鬼、エイリアン… パラレルワールドの写真1000枚激撮!の画像3
画像は「Disclose.tv」より引用

 そんなネメス氏が異次元について興味を持つきっかけとなったのは、ダークマター(暗黒物質)について書かれたある雑誌記事を読んだことだという。それ以来、異次元世界を垣間見るべく、科学的な計算に基づいた撮影装置の開発に邁進したそうだ。

 その結果、既存の撮影機とは一線を画す極めて優れた装置の開発に成功。「ENERGIVISION」と呼ばれるこの装置には、特殊なレンズや自前で制作した超感度のスクリーンが使われているそうだ。ただし、細かな設計は公開されていないため、一体どういうメカニズムが働いているかは分かっていない。いずれにしろ、ネメス氏は「ENERGIVISION」を使い、異次元の住人の姿を撮影することに成功したと語っている。

コメント

9:匿名2018年8月 8日 19:16 | 返信

外人ってこういう夢見がちなの好きだよね

8:匿名2018年6月26日 23:25 | 返信

次はパラレルワールドの動画をお願いw

7:匿名2018年6月26日 04:38 | 返信

異次元ではなく本当はこの我々の住む世界に存在するんじゃないの?自然霊のように。
Xファイルでもあるように不可思議な事も兼ねて。
悪魔は何かの儀式で呼び起こし、人間に憑依する。心にそういうのが入ってくる。隙間だらけの人間の中にww

6:匿名2018年6月24日 18:17 | 返信

キャプテンウルトラのメタリノームまで激撮w

5:匿名2018年6月24日 11:55 | 返信

みんな左右対称ですね。
適当な模様を左右対称にして合わせると、そのうちのいくつかはシミュラクラにより「顔」が読み取れる模様になります。人間の顔を認識するときのパターンが、左右対称をベースにしてますから、合致するのが多いわけです。加えて「顔」を探そうと「鏡」の位置を動かせば、いくらでも見つかります。面白いのでお試しを。

4:匿名処理班2018年6月24日 11:25 | 返信

みんなきちんと正面向いて撮られてるな。
ずいぶんと物分りがよくて、お行儀のいい異世界住人さんのようだ。

3:匿名2018年6月24日 11:00 | 返信

ロールシャッハで使えるじゃん!

2:妄想代弁人2018年6月24日 10:28 | 返信

「ENERGIVISION」と呼ばれるこの装置には、
一般的に顕微鏡と呼ばれる特殊なレンズと、バックライトの色を変えたり、簡単にシンメトリーの画像になるよう工夫した、自前で制作した超感度のスクリーンが使われているそうだ。
ただし、チャチなものであることがばれるので、細かな設計は公開されていないため、一体どういうメカニズムが働いているかは、見るからにバレバレだけど分かっていないことになっている。
いずれにしろ、ネメス氏は「ENERGIVISION」を使い、異次元の住人の姿を撮影することに成功したと頑固に主張している。

1:匿名2018年6月24日 10:22 | 返信

すべての写真が左右対称すぎる(笑)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。