【衝撃】科学者が「異次元の存在」を撮影できる装置を遂に開発! 悪魔、鬼、エイリアン… パラレルワールドの写真1000枚激撮!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

【衝撃】科学者が「異次元の存在」を撮影できる装置を遂に開発! 悪魔、鬼、エイリアン… パラレルワールドの写真1000枚激撮!の画像4画像は「Disclose.tv」より引用

 撮影された写真には、“鬼”や“悪魔”のような恐ろしい顔が写っている。まさにこの世のものとは思えない生命体(?)だ。ネメス氏はこの発見を世界中の科学コミュニティに知らせたそうだが、回答したのは米国のとある団体だけで、それもひどく無礼な内容のものだったという。

「2015年から1000枚以上の写真をフェイスブックに公開しています。公開当初からネット上で批判され、個人攻撃もされました」(ネメス氏)

【衝撃】科学者が「異次元の存在」を撮影できる装置を遂に開発! 悪魔、鬼、エイリアン… パラレルワールドの写真1000枚激撮!の画像5画像は「Disclose.tv」より引用

 ちなみに、アメリカの原子物理学者ルゲロ・サンティリ氏が開発した「サンティリ式望遠鏡」では、大気中に潜む「第一種地球由来不可視体(Invisible Terrestrial Entities of the first kind)」、「第二種地球由来不可視体(Invisible Terrestrial Entities of the first kind)」と呼ばれる不可視の生命体を見ることができると言われており、米コロンビア大学で物理学を教えるケイレブ・シャーフ教授は、原子よりも小さい極小粒子の中には超小型エイリアンが存在しており、重力から光にいたるまで全ての物理法則を支配していると主張している。

 ネメス氏がとらえた異次元生命体とこれらの不可視の生命体が同一のものかは分からない。しかし、多次元の存在が常識化しつつある今、我々の目に映るものだけがそこに在るとは言えなくなってきている。もしかしたらネットフリックスの人気ドラマ『ストレンジャー・シングス』で描かれたように、この世界の裏には恐ろしいモンスターが住む裏の世界があるのかもしれない。
(編集部)


参考:「Disclose.tv」、「entorno inteligente」、ほか

コメント

9:匿名 2018年8月8日 19:16 | 返信

外人ってこういう夢見がちなの好きだよね

8:匿名 2018年6月26日 23:25 | 返信

次はパラレルワールドの動画をお願いw

7:匿名 2018年6月26日 04:38 | 返信

異次元ではなく本当はこの我々の住む世界に存在するんじゃないの?自然霊のように。
Xファイルでもあるように不可思議な事も兼ねて。
悪魔は何かの儀式で呼び起こし、人間に憑依する。心にそういうのが入ってくる。隙間だらけの人間の中にww

6:匿名 2018年6月24日 18:17 | 返信

キャプテンウルトラのメタリノームまで激撮w

5:匿名 2018年6月24日 11:55 | 返信

みんな左右対称ですね。
適当な模様を左右対称にして合わせると、そのうちのいくつかはシミュラクラにより「顔」が読み取れる模様になります。人間の顔を認識するときのパターンが、左右対称をベースにしてますから、合致するのが多いわけです。加えて「顔」を探そうと「鏡」の位置を動かせば、いくらでも見つかります。面白いのでお試しを。

4:匿名処理班 2018年6月24日 11:25 | 返信

みんなきちんと正面向いて撮られてるな。
ずいぶんと物分りがよくて、お行儀のいい異世界住人さんのようだ。

3:匿名 2018年6月24日 11:00 | 返信

ロールシャッハで使えるじゃん!

2:妄想代弁人 2018年6月24日 10:28 | 返信

「ENERGIVISION」と呼ばれるこの装置には、
一般的に顕微鏡と呼ばれる特殊なレンズと、バックライトの色を変えたり、簡単にシンメトリーの画像になるよう工夫した、自前で制作した超感度のスクリーンが使われているそうだ。
ただし、チャチなものであることがばれるので、細かな設計は公開されていないため、一体どういうメカニズムが働いているかは、見るからにバレバレだけど分かっていないことになっている。
いずれにしろ、ネメス氏は「ENERGIVISION」を使い、異次元の住人の姿を撮影することに成功したと頑固に主張している。

1:匿名 2018年6月24日 10:22 | 返信

すべての写真が左右対称すぎる(笑)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。