地底世界でエイリアンと戦闘した元米政府職員が怪死「1477もの地下基地が存在」「青ビームで胸を撃たれ…」

 宇宙開発や地球外生命体探査など、昨今の我々は空ばかり見上げているような気がしないでもないが、案外重要な鍵は足元にあるのかもしれない。我々が立つ大地の下の地底事情はどうなっているのか、また地底に知的生命体や文明が存在するのだろうか。

地底世界でエイリアンと戦闘した元米政府職員が怪死「1477もの地下基地が存在」「青ビームで胸を撃たれ…」の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

■建設現場に突如謎の穴が出現

 現在、ロシア・モスクワ某所にかくまわれていると言われているアメリカ国家安全保障局の元職員エドワード・スノーデン氏も、かつて地底には先進的な文明を持つ知的生命体が住んでいると言及している。はたして“地底人”は存在するのだろうか。

 1997年に50歳で謎の死を遂げた元政府職員のフィル・シュナイダー氏は、今から20年も前に世界には1477もの地下世界があり、米国内でも129カ所あることを暴露している。そしてそれらの地下世界にはエイリアンが生息しているというのだ。

 シュナイダー氏はなぜこのような情報を知っていたのか? それはシュナイダー氏が実際に地下世界に降り立ち、エイリアンを目撃し、そして彼らと戦闘を繰り広げたからにほかならない。

地底世界でエイリアンと戦闘した元米政府職員が怪死「1477もの地下基地が存在」「青ビームで胸を撃たれ…」の画像2フィル・シュナイダー氏 画像は「YouTube」より

 1979年8月、シュナイダー氏は爆発物取り扱いのエキスパートとしてニューメキシコ州ダルシー某所で極秘裏に建設中だった地下施設の工事現場で働いていた。現場周辺には警備の意味もあるのか陸軍特殊部隊、いわゆるグリーンベレーの兵士たちが数多く駐留していたということだ。

 地上の作業現場ではドリルで地中に穴を開ける作業が行われていたのだが、別の場所の地面に突然穴が空き黒煙が吹き出てきた。突然ぽっかり開いた謎の穴だったが、黒煙の噴出が止まったところで、穴には作業用のゴンドラが設置され、シュナイダー氏自身が調査のために穴の中に降りてみることになったのだ。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

地底世界でエイリアンと戦闘した元米政府職員が怪死「1477もの地下基地が存在」「青ビームで胸を撃たれ…」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル