中国が開発した「殺人レーザー銃」のヤバい実力とは? 一瞬で人間の皮膚を焦がし、耐えられぬ傷み、目に見えぬ脅威…!

 SFやビデオゲームの世界では定番のウェポンであるレーザー銃だが、ついに現実世界でも光線が飛び交う戦闘シーンを目の当たりにすることになるのかもしれない。実際に攻撃力を持つ“レーザーライフル”が中国で開発されたのだ。


■人間の皮膚を一瞬にして焦がすレーザー銃が登場

 外出先で気づかないうちに服の一部が焦げていたり、露出した部分の肌がヤケドをしていたりすれば不吉この上ない。超常現象か、はたまた何かの呪いや祟りかとも考えてしまっても無理はないだろう。

 しかし近い将来、そうしたことが身近で起こり得るのかもしれない。先日、中国から人間の皮膚を一瞬にして焦がすレーザー銃が発表されたのだ。

中国が開発した「殺人レーザー銃」のヤバい実力とは? 一瞬で人間の皮膚を焦がし、耐えられぬ傷み、目に見えぬ脅威…!の画像1 「Daily Mail」の記事より

 中国科学院内の「Xi’an Institute of Optics and Precision Mechanics」によって開発されたこのレーザーライフルは「ZKZM-500」と名づけられている。重量は3kgほどと、一般的なライフル銃と大差ない。

 口径15mmの新開発のZKZMレーザーによって人間の皮膚を瞬時にヤケドさせたり、服を燃やしたりできる威力を持ち、有効射程は800m。レーザー光線は人間の肉眼では見えないという。また窓ガラスはレーザーが透過するため、窓越しに室内のターゲットを攻撃することもできるということだ。

 充電式のリチウムイオンバッテリーで動作し、フル充電で2秒間の射撃を1000回行うことが可能であるという。価格は約166万円(1万5000ドル)。

 中国紙「South China Morning Post」が先ごろ投稿した動画では、このZKZM-500のレーザー射撃によって、段ボールやTシャツ、タイヤなどが焼け焦げている様子が収められている。

 匿名の政府職員によればこのZKZM-500のレーザーの直撃に晒されれば「耐えられないほどの痛み」に襲われるということだ。もちろん眼球を撃たれれば間違いなく失明するだろう。

 それでも一撃での殺傷能力はないため非殺傷兵器(non-lethal)に分類されているZKZM-500だが、音もしなければ光線が目に見えないのは不気味である。テロ対策などさまざまな応用が可能であるが、使用できるのは軍と警察のみに制限される。民間に出回ることはないということだが、使用された形跡がきわめてわかりにくい武器であるだけに市民にとっても“目に見えない脅威”になるだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ