• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
「宇宙人のミイラ」アタカマエイリアンのDND鑑定に反倫理的と専門家! まさかの正体も判明か!? の画像1
画像は「Express」より引用

 元医師でUFO研究家のスティーブン・グリア氏が研究を進めていたことでも知られるチリ・アタカマ砂漠で2003年に発見された15cmほどの小さなミイラ「アタカマエイリアン」。その奇妙な姿から古代の宇宙人だと噂されていたが2013年に行われたスタンフォード大学の研究で、人間と同じDNAを持つことが判明。奇妙な姿は遺伝的な異常のためだと結論付けられた。

 しかし、英紙「Express」(7月20日付)などによると、スタンフォード大の研究は「非倫理的」であったというのだ。一体どういうことだろうか?

 なんと、ニュージーランド・オタゴ大学のシアン・ホールクロー博士率いる国際研究チームがアタカマエイリアンを再調査したところ、スタンフォード大とは全然別の結果が出たという。同大学の研究では骨格の発達にいくつもの異常があったとのことだが、ホールクロー博士らによれば、異常とされたものは胎児に見られる正常なものだったそうだ。

「宇宙人のミイラ」アタカマエイリアンのDND鑑定に反倫理的と専門家! まさかの正体も判明か!? の画像2
画像は「Express」より引用

「残念ながら、アタ(アタカマエイリアンの愛称)の骨格は正常ですから、ゲノム解析を行ういかなる科学的根拠もありません。この場合、コストと時間がかかるゲノム解析を行うことは不必要であり、非倫理的です」(ホールクロー博士)

関連キーワード

DNA

コメント

2:匿名2018年7月24日 12:37 | 返信

スタンフォード大学が
アタカマエイリアンのゲノム解析をしたら「非倫理的」だと非難され、
アタマカカエテヤンの?(笑)

1:匿名2018年7月24日 11:06 | 返信

出産などについてご存知の人は知っているでしょうが、生まれるときの赤ん坊の頭蓋骨は癒合しておらず、狭い産道を「頭蓋骨を変形」させながら出産させることも多いです。そして出生した後に頭の形を整えたりします。死産だった場合はおそらく、わざわざ頭の形を整えることもありませんから、そのままミイラ化してしまった場合は「とても奇妙な頭蓋骨を持つ小さな死骸」に見えてしまうでしょう。
また、apart syndrome のような頭蓋骨の奇形や、文化的風習で頭蓋骨を大きく変形させるものもありますから、「見慣れない頭蓋骨」を見たときには「こんな人間は居ない!宇宙人だ!」と即断せず、様々な可能性を考慮するのが「答え」に近づくことだと思えます。
多くのオカルトや宇宙人、UMA系サイトでは、そのような可能性や調査結果が出た場合「夢がない」「つまらない」という理由で一切紹介しないところ、ここではきちんとこの「(面白くない)調査結果」「後日談」が紹介されているのが、真摯な印象を受けました。
今後もぜひ頑張って、面白くて「ためになる」サイトを続けていって下さい。応援しております。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。