• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 巨大な地割れが発見されるなど、大規模な火山噴火が心配される米・イエローストーン国立公園。その南にあるグランドティトン国立公園のウェブカメラに、まるで燃え盛る鳥のような奇妙な物体が写り込んだという。オカルト系の人気YouTubeチャンネルがアップした動画は、すでに32万回再生されて大きな話題となっている。


■国立公園上空に現れた火の鳥

 ロッキー山脈の一部であるグランド・ティトン(標高4197m)を擁するワイオミング州グランドティトン国立公園。この公園に設置されたウェブカメラで、なんとも不思議な物体が撮影された。それはまるで、燃えているかのように赤く輝く巨大な鳥で、大空を悠々と飛んでいるように見える。

0726firebird-1.jpg
画像は「YouTube」より引用
0726firebird-2.jpg
画像は「YouTube」より引用

 画像に映し出されたその姿は、まるで古代から伝承に語り継がれるフェニックスのようだ。燃え盛る炎のように赤い羽根を持ち、寿命が来ると自ら火の中に飛び込んで再び蘇るという火の鳥は、イエローストーンの噴火を予兆しているのだろうか? あるいはその正体は、ネイティブアメリカンの神鳥サンダーバードかもしれない。体長5メートルにも及ぶという巨大な鷲で、雷の精霊ともいわれる聖なる鳥である。

コメント

2:匿名2018年8月 3日 03:10 | 返信

火に見える部分は100%太陽の反射光ですw

1:匿名2018年8月 2日 14:13 | 返信

申し訳ないが・・フェイクだと思う。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。