• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
nozaki_07.jpg
構成遺産に選ばれた大浦天主堂「長崎県ホームページ・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」より引用

 2015年7月、軍艦島(長崎県長崎市端島)が「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつとして、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録されると、長崎市には大勢の観光客がやって来るようになった。今や、ユネスコの世界文化遺産登録は、観光客誘致の鍵となっているが、今年6月末には「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県、熊本県の12資産)が世界文化遺産に登録された。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」というのは、長崎地方の潜伏キリシタンが、その禁教期に密かに信仰を続ける中で育んだ、宗教に関する文化的な伝統を物語るものだ。これは、12の構成資産によって成り立っており、そこには、大浦天主堂(長崎市)や外海の出津集落(同)、大野集落(同)などが含まれている。

 ユネスコは、毎年、各国から提出される世界遺産登録推薦書を諮問機関のひとつであるイコモス(国際記念物遺跡会議)に送っている。イコモスは、それを受けて実際に現地に赴き、厳格な調査を行うなどして、ユネスコに答申をしている。イコモスは、文化遺産保護に関わる国際的な非政府組織(NGO)であることから、世界の歴史的な記念物(あるいは、歴史的建造物)及び、遺跡の保存に携わっている。今回の登録に向けては、イコモスがアドバイザーとしての役割も果たしている。

コメント

3:匿名2018年9月 4日 22:49 | 返信

↓ んなわけねえじゃんw おまえどこの生まれだよ

2:匿Mレオ名2018年8月30日 17:34 | 返信

年寄りの敬語ですね。長崎でも地の者だとあんな語り口かな。

1:匿名2018年8月28日 20:52 | 返信

ミステリーでも、こういうまっとうな記事を増やしてほしいもの。自分は九州出身じゃないけど、九州弁てか長崎弁?の一部、完全にヘンでは・笑 この写真がそうとですか・・・ どう考えても、この写真がそうですか、でいいんじゃね。そがんば人のおったとですかね、も、たぶん、そがん人のおったとですかね、だろ。正否については長崎の人ならたぶんすぐにわかるに違いないが、記事でもドラマでも、似非方言が出てくると萎えてしまってモノホンでも全部がウソに見えてくる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。