500匹以上の連続殺“猫”鬼が出現中! 猫を“切り刻んで”殺害しまくる「M25シリアル・キャット・キラー」の謎!=英

 英国ロンドン南東部のブロムリーにあるドラムビート校は、3歳から19歳の自閉症と診断された生徒を教える特別教育校である。6月12日、そのドラムビート校の校庭で、教師が猫の首を発見した。教師たちは生徒がこの残虐な光景を見ないよう、登校前に猫の首を校庭から動かした。しかしこの残虐行為が、悪名高い「M25キャットキラー」によるものかもしれないという恐怖は、ブロムリー地域を素早く駆け巡った。

500匹以上の連続殺猫鬼が出現中! 猫を切り刻んで殺害しまくる「M25シリアル・キャット・キラー」の謎!=英の画像1猫の頭部が見つかった学校の校庭 「Metro」の記事より


■「クロイドン・キャット・キラー」から「M25キャットキラー」へ

 その後、校長が監視カメラを調べたところ、猫の首はキツネによって校庭に持ち込まれたことがわかった。しかし、猫の死体の傷の状態や手口から、猫は「M25キャットキラー」によって殺されたと考えられている。

500匹以上の連続殺猫鬼が出現中! 猫を切り刻んで殺害しまくる「M25シリアル・キャット・キラー」の謎!=英の画像2M25キャットキラーの犠牲になった猫 「Metro」の記事より

 2014年、ロンドン南部に位置するクロイドンでは猫や小動物の虐殺死体の発見が相次ぎ、犯人は「クロイドン・キャット・キラー」と名付けられた。

 その後、犯人は行動範囲を広げ、ロンドン周囲をつなぐ高速道路「M25」周辺で、ペットや小動物を虐殺し続けている(そのため、「M25キャットキラー」と呼ばれるようになった)。この動物虐待犯は2014年以来、300匹~600匹の猫、キツネ、ウサギ、リス、および1頭のシカを殺戮している。

■捜索

 地方警察は当初、これらの猫はキツネや犬によってかみ殺されたと考えていた。しかし、10匹もの猫が同日、同地域で首を切られて発見された時には、これを一大事と見て獣医が検死を行った。その結果、これらの猫全てが人為的に首、足、しっぽを切り取られていることがわかり、警察が捜査に乗り出した。

 その後も増え続ける猫の失踪と虐殺に、ついにロンドン警視庁は2015年12月に、「オペレーション・タカヘ」と名付けたチームを組み、犯人逮捕に乗り出した。この作戦には、サウスノーウッド・アニマル・レスキューと動物愛護団体「SNARL」のスタッフも加わっている。

500匹以上の連続殺猫鬼が出現中! 猫を切り刻んで殺害しまくる「M25シリアル・キャット・キラー」の謎!=英の画像3「M25キャットキラー」の足取り 「Daily Mail」の記事より

 ロンドン警視庁と各動物愛護団体は、最近の猫殺害リストを公開したが、彼らによると現在、捜査範囲は徐々に狭まってきている。このリストでは6月3日から6月17日の2週間の間に、16匹の猫が行方不明、または殺されている。これを見ると犯人は場所を変えて連日、1~2匹の猫を殺している。

 捜査に加わる「SNARL」のボウディカ・ライジング氏は、「犯人の動きを公表することで、これらの場所に、同僚、友人、家族など身近な不審者を知っている人がいるかもしれません」と話す。

 ライジング氏は、ドラムビート校で発見された猫の首について、調査に追加する必要があると述べ、同一犯の仕業だった場合、過去2週間で殺された猫は17匹になると言う。

 ロンドン警視庁の調べでは、犯人は鶏肉を使って猫をおびき寄せ、こん棒状のもので撲殺している。そして、死体の血液を凝固させるために少なくとも30分間待ち、なたやガーデン用のはさみを使い、脚、尾、そして頭を切り取って記念に持ち去っていると言う。

 現場には血痕が残っておらず、警察は犯人が猫の死体をどこかに持ち去り、切り刻んだ後に付近に放置したと考えている。

 地域の人々3万人は、殺された猫たちの検死を要求し、DNA解析を行う嘆願書に署名をした。しかし、現在まではヒトのDNAは回収されていない。犯人は猫に引っかれるのを防ぐために、防護服や手袋を着用していた可能性があると考えられる。

人気連載
あなたは理性タイプか感情タイプか怖いほど当たる4択占い! Love Me Doの人生好転アドバイス!

あなたは理性タイプか感情タイプか怖いほど当たる4択占い! Love Me Doの人生好転アドバイス!

■あなたの“理性”度合い 「外で銃声が聞こえたとします。...

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

500匹以上の連続殺“猫”鬼が出現中! 猫を“切り刻んで”殺害しまくる「M25シリアル・キャット・キラー」の謎!=英のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル