• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 英国ロンドン南東部のブロムリーにあるドラムビート校は、3歳から19歳の自閉症と診断された生徒を教える特別教育校である。6月12日、そのドラムビート校の校庭で、教師が猫の首を発見した。教師たちは生徒がこの残虐な光景を見ないよう、登校前に猫の首を校庭から動かした。しかしこの残虐行為が、悪名高い「M25キャットキラー」によるものかもしれないという恐怖は、ブロムリー地域を素早く駆け巡った。

croydoncatkiller1.JPG
猫の頭部が見つかった学校の校庭 「Metro」の記事より


■「クロイドン・キャット・キラー」から「M25キャットキラー」へ

 その後、校長が監視カメラを調べたところ、猫の首はキツネによって校庭に持ち込まれたことがわかった。しかし、猫の死体の傷の状態や手口から、猫は「M25キャットキラー」によって殺されたと考えられている。

croydoncatkiller2.JPG
M25キャットキラーの犠牲になった猫 「Metro」の記事より

 2014年、ロンドン南部に位置するクロイドンでは猫や小動物の虐殺死体の発見が相次ぎ、犯人は「クロイドン・キャット・キラー」と名付けられた。

 その後、犯人は行動範囲を広げ、ロンドン周囲をつなぐ高速道路「M25」周辺で、ペットや小動物を虐殺し続けている(そのため、「M25キャットキラー」と呼ばれるようになった)。この動物虐待犯は2014年以来、300匹~600匹の猫、キツネ、ウサギ、リス、および1頭のシカを殺戮している。

コメント

4:匿名2018年8月19日 12:37 | 返信

自分の快楽の為に殺すのと(猫)
生きるために命を頂く(牛豚鶏)のは違うと思うけど。
ちゃんと『(命を)いただきます』って感謝してるし、屠殺方法も一瞬で済むように進歩してる。
※2氏はヴィーガンなのかな。
でも、植物も生きてるし人間に何らかの害も及ぼさないよ。
ムツゴロウさんは実験で死なせた動物を死体処理と供養のために食べたんだから、
どうせならこの犯人も猫を安楽死させた上で食べたらええんよ。

※1
そうですね、2002年の『こげんた事件』を知る人も少なくなりましたが、
犯人の松○はその後、自宅で爆発事件を起こし重症を負いました。

3:匿名2018年8月18日 08:29 | 返信

のちの英国版・酒鬼薔薇聖斗である

2:匿名2018年8月16日 23:51 | 返信

猫が連続して何匹も殺されたら警察が動いて、懸賞金まで出る。
人々は人間同士の差別には、とやかく言えるレベルにまで達した。

しかし、動物に対しては原始人レベルだ。
屠殺場で同じ哺乳類が絶えず殺されていることには、
目を背け、注意を向けないように努めている。

猫と牛豚鶏、何が違う?
蚊や、ゴキブリを殺すのならまだわかる、奴らは何らかの害を及ぼすから。
でも、家畜がヒトに何の危害を加えると言うんだ。
屠殺業者に家畜を殺させているのは、結局、消費者であって、
屠殺理由は、己の食への欲望じゃないか?

罪深さで言えば「M25キャットキラー」と五十歩百歩だよ。


1:匿名2018年8月16日 18:48 | 返信

ネコは祟るぞ~
ホントに祟るぞ~
近所でネコ殺しの疑いのあった家では
数年の間に 何度も脳梗塞で入院してたぞ~
ちなみにタヒんだ後は 
動物に何度もなぶり殺しにされる地獄逝き 決定!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。