• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 下のイメージ画像は、「MyVoucherCodes」社の委託によって研究、作成されたもので、過去25年間に雑誌「ヴォーグ」のインターナショナル版(うち7カ国)の表紙を飾ったモデルの平均的な顔である。

averagefaceofvogue1.JPG
過去25年間の「ヴォーグ」誌インターナショナル版表紙モデルの平均の顔 「PetaPixel」の記事より

「ヴォーグ」は1892年に創刊された世界で最も有名なファッション誌の1つで、その表紙を飾ることは、あらゆるモデルにとって大きな目標だ。研究者たちが「ヴォーグ」を選択した理由もそこにある。


■人間の顔の特徴を抜き出す「ドロネー・トライアンギュレーション」

averagefaceofvogue2.JPG
各国の表紙モデルの平均の顔 「PetaPixel」の記事より

 これを作成したデータ専門家のジュゼッペ・ソラッゾは、米国、ロシア、フランス、日本、ブラジル、英国、イタリアの7カ国のインターナショナル版「ヴォーグ」の、過去25年間に表紙になった女性モデルの名前と写真をまず集めた。
 
 そして、収集した表紙モデル画像に平均化手法を適用し、結果が国によってどのように異なるかを調べた。

 この研究には、人間の顔の特徴を抜き出す「ドロネー・トライアンギュレーション(Delaunay Triangulation)」と呼ばれるテクニックが使われた。

 そのテクニックとは、それぞれの主要領域にマーカーを配置し、モデルの目の位置、眉間の距離、鼻の長さなどを正確に計測する。そして、モデルの顔(目6カ所、顎16カ所、鼻9カ所等を含む)の68カ所を計測した。

 その後、各画像を三角形に分割し、平均化アルゴリズムを使用して一度に2つまたは3つの画像をねじって歪ませ、1つに重なるようにする。その後、全ての三角形を1つにすると、そこには平均化された顔が生まれる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。