• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
51GVZRHD62L.jpg
画像は、『そういうふうにできている』(新潮文庫)

 8月15日に漫画家のさくらももこ乳がんで亡くなっていたことが判明して、日本中に大きな衝撃を与えた。さくらももこといえば、国民的人気マンガ『ちびまる子ちゃん』の著者であり、その作品は幅広い世代に愛されていた。また、ベストセラーとなった『もものかんづめ』などのエッセイの執筆、アニメ版『ちびまる子ちゃん』の主題歌である『おどるポンポコリン』『走れ正直者』の作詞など、マンガの枠を超えてマルチな才能を発揮していた奇才だった。

 そんな彼女が生前、スピリチュアルに傾倒していたのは有名な話だ。ただ、彼女はいわゆるスピ好きにありがちな「非論理的」な思考の持ち主ではなかった。彼女のマンガやエッセイに含まれている笑いの要素は、対象物を冷静に突き放して観察し、それを素材にしてどこまでも考察を深めていく論理的思考力の賜物だ。

 彼女の場合、そんな理屈っぽい考え方の行き着く先にたまたま精神世界があっただけであり、理屈から逃げてそこにたどり着いたわけではない。常人離れしたレベルで論理的思考を突き詰めていった科学者や哲学者が、最終的に宗教やスピリチュアル的なものに至るのは珍しいことではない。さくらももこも実はそういうタイプの人間なのではないかと思う。

 そんな「哲学者さくらももこ」の一面を端的に示すエピソードが、1995年に出版された『そういうふうにできている』(新潮社)の中に出てくる。この本では、彼女が初めての妊娠と出産を経験したときのことが書かれている。便秘に悩まされ、ホルモンバランスの乱れに苦しめられ、帝王切開で出産。そんな苦闘の日々を振り返りながらも、どこか自分自身を冷めた視点で客観的に描いているところが面白い。そんな彼女は、帝王切開の手術のために局部麻酔を受けて、自分の意識が普段とは違う状態に徐々に変化していくのを冷静に観察していた。

【引用】
私は意識が実に生々しくクリアになってゆくのを感じていた。自分自身が明らかになってゆく奇妙な感覚である。それと同時に、心のほうはどんどん静かになっていった。この世における未練が遠ざかってゆき、仕事のことも、大切な人々のことも、何もかもが本来の自分とは無関係であり、地球で生活していた全ての出来事は地球にいた時のみ関わっていた雑事である事を感じていた。
(さくらももこ『そういうふうにできている』新潮社)
【引用終わり】

 この体験を通して、彼女は今までずっと考えていても答えが分からなかった問題の解決の糸口をつかんだ。それは「脳と心と魂の関係」である。自分とはそもそも何なのか? 心が自分なのか? 脳があるから心理現象が生じているに過ぎないのか?――彼女が感じていたそのような疑問は、哲学の分野でも「心身問題」と呼ばれていて、長い議論の歴史がある大問題である。

コメント

3:匿名2018年8月31日 12:57 | 返信

>>2

>小学生の夏休みの自由課題をメルカリなんかで売買しちゃってるのが当たり前みたいな、クソつまんない世界。

見方を変えれば、そもそも「小学生の夏休み」に宿題として出される「自由課題」という存在そのものがクソみたいにつまらないものだったとも言えるのでは。メルカリで宿題の自由課題を売買するなんて、これまでの常識と良識にとらわれたままの固着的な考えから外れ、背徳感みたいなものも感じられつつ、人間の生み出す新たな事象として見て「おもしろい」とも言えるがw

2:匿名2018年8月29日 17:19 | 返信

さくらももこ先生は本当に独特の感性の持ち主で、記事中に紹介されてるエッセイもそうだけどコジコジなんか見ても毒のあるユーモアの中に真理があったりする。
最近、ここじゃないどこかと繋がってるんじゃないかって方たちが亡くなってしまって、なんだかつまらなくなった。
小学生の夏休みの自由課題をメルカリなんかで売買しちゃってるのが当たり前みたいな、クソつまんない世界。

1:匿名2018年8月29日 16:45 | 返信

さくらももこさん
ご冥福をお祈りします。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。