• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10
61wbyxjbbdL.jpg
画像は、『神々の予定表 アジェンダ』(トカナBOOKS)より

――聖書・ノストラダムス、E・ケイシー、出口王仁三朗…あらゆる究極予言から大胆なジャーナリズムで未来を読み解いたトカナBOOKS新刊書籍『神々の予定表(アジェンダ)』著者・山田高明が緊急寄稿!

<緊急寄稿シリーズはコチラ>


■スノーデンの秘密情報とシャンバラ伝説

エドワード・スノーデン「Wikipedia」より引用

 NSA(アメリカ国家安全保障局)CIA(中央情報局)の元職員で現在はロシアに亡命中のエドワード・スノーデンは数年前、次のような驚くべき情報を暴露した。

「DARPA(ダーパ:国防高等研究計画局)の大半の人たちは地球のマントルに人類よりもはるかに知的な生命体が存在していると確信している」

 その職員たちが、さまざまな機密情報を根拠に、地底深くに住む高等種族と、彼らが出入りに利用する高度な乗り物の存在を確信しているという。

 この種族と直接の関係があるかはわからないが、地底にある文明としては、昔から「アガルタ」の存在が語り継がれてきた。その首都のことを「シャンバラ」と呼ぶ。

 最近では「アルザル人」という言われ方もする。彼らが、近い将来われわれ人類の前に姿を現すのではないかということが、近年、盛んに言われるようになった。


■法華経とは何か?

 実は日本でも大昔より「UFO・地底文明ネタ」を思わせる話が伝えられている。しかも、あの「法華経」の中に。

 法華経とは、聖徳太子の時代に伝来したと言われる大乗仏教の経典で、サンスクリットでは『サッダルマ・プンダリーカ・スートラ』(正しい教えである白い蓮の花の経典)という。今から2千年くらい前に成立したという説が有力である。

 西域から長安に来た鳩摩羅什(くまらじゅう、クマラジーヴァ)訳の『妙法蓮華経』8巻28品がもっとも親しまれ、一般に日本でいう法華経はこの版にあたる。

 聖徳太子、最澄、日蓮、道元なども、みなこの鳩摩羅什訳「法華経」を学んだ。そして、日本仏教の特徴だが、なぜかこの「妙法蓮華経」が中心的経典に据えられた。

 他国では見られない日本独特の現象だが、その理由として「如来」(にょらい)になる道が万人に開かれていると説いている点が大きいという研究者が多い。如来というのは「ブッダ」(ガウタマ・シッダールタ)のことであり、「悟りを開いて真理に達した者」である。この分け隔てのないところが「日本で大人気」の理由のようだ。

 法華経自体はむろん、あの開祖のブッダが説いたとされる。漢語では「釈迦牟尼如来」(しゃかむににょらい)と記されている。

saddharma_05.jpg
法華経「Wikipedia」より引用

 また、法華経を読む上で、「如来」のほかに「菩薩」の意味も知っておく必要がある。法華経ではこの「何々菩薩」がよく登場する。これは仏の智・悟りを求める人々もしくは修行者のこと。だから、格でいえば「如来」のほうが上となる。

 経の内容は長大なため、とても単純には言い表せない。物語と教えがセットになっている部分がほとんどで、多種多様なエピソードに満ちている。時にはファンタスティックでスピリチュアル、そしてオカルト要素満載である。

 法華経は日本仏教の中核。その法華経に、超能力、過去世・未来世といった輪廻転生の概念、予言、しかもすぐ後述するが“UFO”までが、これでもかと登場する……。

コメント

10:匿名2018年9月22日 22:42 | 返信

>>1

人を…無知を見下す事を書く御自身に
どれほどの知識と経験があると考えるのか。
テーマにもよるが、こと宗教や経典についてであれば
知る機会を持たなかった人々を、見下すものではない。
見下すのではなく、ほんの端っこでも良いから わかりやすく教えてあげたら良いだろう?

密教には仏教弾圧によって、信仰を守るために 元の教義や本旨を歪めざるを得なかった歴史がある。
遠い昔、弾圧から逃れるために秘密裏に信仰・研鑽を重ねていった宗派だ。
そもそも、真言自体が釈迦の本意ではないよ。
「四十余年、未だ真実を顕さず」と言って、晩年に説かれた法華経が本意だ。
多くの経典の中で唯一の、純一の円経(成仏までの寄り道がなく、最短ルート)でもある。

密教を修業しても、仏教について多少の知識を得ても
修行の甲斐なく、知る機会を得ない人々を見下す御自身の狭い見識と精神状態。
自分の修行と成仏にしか関心を寄せられない状態こそが、釈迦の本意ではない宗派の証明でもある。

9:匿名2018年9月22日 22:19 | 返信

もうちょっと正確にいうと
釈迦は末法の法華経の布教を上行菩薩に託している。
地涌の菩薩は末法において、法華経布教(弘通)の協力者という立ち位置だ。
(そしてもちろん、記事にある通り 釈迦が大昔から指導してきた存在でもある。
 大昔に釈迦の指導で自身が成仏した後に、今度は自分が未成仏の魂を成仏へ導きたいと願って
 人として地上へ転生する存在でもある。
 そんな地涌の菩薩はエンドレスでタフな精神の存在w 彼らの地上での現実的な苦労を思うと、心配になるほどに。)

なので、スノーデンの地底人説と結び付けたい記事とは関係がなくなってしまうが
宗教的には地涌の菩薩は、末法の種々の時代に人として生まれ
法華経の弘通(地球に肉体を持って誕生した、上行菩薩の魂を持つ人間の 法華経布教)
を助ける人々ということ。

なので。
記事はオカルトらしく、トカナらしく(スノーデンの説に合わせるために)
「地球の3次元世界の将来に、地底人が出てくる」という見方をしてるけど
現実的には「魂の転生先として、地球人の肉体を持って生まれてくる」と見た方が
より「らしい」はずだ。

8:匿名2018年9月22日 21:38 | 返信

>>3

小乗の時代から因果を一貫して解く仏教に対し
(その前提がなければ、仏教の教えはどれも成り立たない。)
転生を真っ向から否定して、何が何でも「無」から突然「有」を生み出せるとする
「神ありき」のキリスト教。

教えの大前提が違うんだよ。

しかも、キリストの足跡をたどれば
東洋で修行の後に教えを開いた事が伺える。
もう一度、勉強してくると良い。

7:匿名2018年9月 6日 17:21 | 返信

めちゃ、おもしろい記事じゃんw

こういう記事を増やしてほしい。

地震ネタはよくない。

6:匿名2018年9月 2日 23:29 | 返信

仏教って優越感にまみれててうんざりする

5:匿名2018年9月 2日 07:47 | 返信

スノーデン関係ないじゃんw

4:匿名2018年9月 2日 07:27 | 返信

>アホには理解できないよ、どーせ興味ないんだろ?
\\\٩(๑`^´๑)۶////

3:匿名2018年9月 2日 05:43 | 返信

大乗仏教の成立年代を考えると、小乗仏教がキリスト教を取り入れたっぽいんだよね。或いは仏教僧がキリスト教に触れ、自分たちも幻視した、みたいな感じかな?

内容的にも仏陀の教えにない弥勒菩薩と弥勒の世は、キリストの再臨と新天新地をパクったとしか思えない。

おまけに遣隋使・遣唐使が仏典と聖書をごっちゃにして持ち帰ったせいで、高野山に聖書があったり四天王寺に福音書が祀ってあったり、神社の元締めが神道の造化三神はキリスト教の三位一体と同じだと言ったり。

極めつけは天皇の系図が旧約聖書のコピペだってところ。

俺たちは知らないうちにキリスト教のエッセンスを文化に取り込んでたって事になる。ザビエルが来る前に。

2:匿名2018年9月 2日 04:24 | 返信

自分は自分の前世で自分の死期と死因を言ったら当たっていたけどな。
前世での自分が今生(未来際)までの流れも認識できるようになるよ。
そうゆうの分かってきたら。何をしたら良いか気付かされる。支えればね。
あと前世の生き方によってこの記事内容を理解できる人できない人に分けられると思う。
宇宙の根本的な原理で人間の生死があるが、その仕組みにも関連すると思う。まずは日本はそうゆう霊的な意味でどうゆう国なのか、から勉強すると良いね。この記事は良かったと思う。
明治政府は心象悪かったけどな。

1:匿名2018年9月 2日 04:04 | 返信

良い話だと感じる。だがそれを理解するのは、コメンテーターのトランプ大統領と自分だけだろう、おそらくは。
自分も台密の護摩を30cm先に広がる火に焼かれた何千本もの願う木を見ながら汗を拭う僧侶と共に真言を唱え、その境地を感じられた事があった。仏はどこに存在するか分かる人には分かる。有り難いという感謝も感じる。
アホには理解できないよ、どーせ興味ないんだろ?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。