ローマ教皇の最新警告「イエスと関わることは危険でヤバい」! まさかの神離れ推奨…3万人の聴衆も唖然!

ローマ教皇の最新警告「イエスと関わることは危険でヤバい」! まさかの神離れ推奨…3万人の聴衆も唖然! の画像1画像は「Disclose.tv」より引用

 なにかとお騒がせなローマ教皇の口から、またしても驚きの発言が飛び出した。なんと、「イエスと関わることは危険だ」と警告したというのだ!


■教皇が警告「イエスと関わることは危険」

 キリスト教系メディア「Now The End Begins」(7月20日付)によると、問題の発言は今年6月25日、バチカンで行われたスピーチで飛び出したという。3万3千人の聴衆を前に教皇フランシスコはこう語ったのだ。

人々はよくこう言います。『神やイエスは信じているが、教会なんて知ったこっちゃない』と。これは間違っています。教会での聖体拝領や黙想をすることなく、イエスと個人的、直接的な関係を持てると信じている人がいますが、こういった誘惑は危険であり有害です

 なんと、イエスと直接的関係を持つことは危険だと断言したのだ! キリスト教がキリスト教たるゆえんの神の子を危険視するとは一体どういうことだろうか? オルタナティブニュース「Disclose.tv」(9月17日付)によると、この発言を生で聞いた聴衆も唖然とし、耳を疑ったという。教皇の真意はどこにあるのだろうか……。


■教皇と悪魔崇拝組織の関係…

ローマ教皇の最新警告「イエスと関わることは危険でヤバい」! まさかの神離れ推奨…3万人の聴衆も唖然! の画像2画像は「YouTube」より引用

 実は教皇フランシスコは悪魔を崇拝する秘密結社「イルミナティ」と深い関係にあると噂されている。というのも、教皇フランシスコはユダヤ教やイスラム教のトップが一堂に会するメクデシェに意欲的に出席しているからだ。ほかの宗教との接近は、イエスが説いた「父(神)に至る唯一の道」である福音を揺るがしかねない行為とも見られている上、各宗教の距離を縮めることで、一部のエリート層を残して人類を“総奴隷化”する「新世界秩序(New World Order)」の実現に向けて暗躍しているとも噂されているのだ。

 もしかしたら、教皇フランシスコはすでに悪魔に魂を売り、キリストへの信仰を失っているのかもしれない。さらにカトリック聖職者による児童への性的虐待2000件余りを容認する姿勢を彼が見せていることもイルミナティとの関係を暗に示していると言えるだろう。なぜならイルミナティは幼児性愛を推奨していると言われているからだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ