• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 今から30年以上も前のことになる。千葉県松戸市の路上で信じられないような交通事故が起こった。オートバイに乗った男性がちょっとした弾みで転倒してしまうと、いきなり体が空中に舞い上がってしまったのだ。そして、その男性は、あろうことか電信柱に取りつけてあるステップに突き刺さってしまった。

 現場は、見通しの良い直線道路だ。道路の両側には、住宅が立ち並んでいるが、普通に走っていれば事故を起こすようなところではない。街灯もしっかりと取りつけられているので、夜間でも遠くまで見渡すことができる。偶然、現場を通った男性は話す。

「あれは本当に信じられないような事故でした。仕事から帰るときに交差点に差しかかると、バイクが倒れているのが見えました。すぐに事故だって分かりました。自分もバイク乗りなので助けなければいけないと思って、その場に停まったんですけど、とても悲惨な状況になっていました。その男性は、グサリと電柱に突き刺さっていたんです。もう自分の目を疑いました」

 交差点の中心から電信柱までの距離は、数メートルといったところだろう。一番低いところにあるステップの高さは、地上から3メートルくらいだ。この場所に体が飛ばされてしまうというのは、余程の偶然が重ならないと不可能だ。男性は、話を続ける。

「本当に不運としか言いようがないです。ピンポイントでステップに刺さっていたんですよ。何とか助けようと思ったのですが、この男性が刺さっているところまで、手を伸ばしても届きませんでした。どこかで梯子を借りてきて引き降ろすことも考えたのですが、そのようなことをして内臓などに損傷を与えてもいけないと思いました。すぐ近くに電話ボックスがあったので119番に電話をしました。ピクピクと動いてはいましたが、すでに意識は失っていたようです。電柱は、真っ赤な血で染まっていました」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。