ロシア軍機、味方から撃墜され15名死亡! 単なる“誤射”ではないイスラエルの恐すぎるサイバー陰謀とは!?

――軍事研究家・塩原逸郎が緊急寄稿!

ロシア軍機、味方から撃墜され15名死亡! 単なる誤射ではないイスラエルの恐すぎるサイバー陰謀とは!?の画像1画像は、ITV News/YouTubeより

 2018年9月17日夜、シリア沖の地中海上空でロシア空軍電子偵察機IL-20がシリア政府軍(アサド政権)の地対空ミサイルS-200の誤射により撃墜された。ロシア国防省は18日、15名の乗員が死亡したことを公表すると共に、対シリア政府軍攻撃の為、現場周辺を飛行していたイスラエル空軍のF-16がIL-20を盾にしていた事が誤射の原因と主張した。

 しかし、ロシアの主張はどうも不可解である。

 まず、ロシアと軍事協力を行なっているアサド政権側は、敵味方識別装置(IFF)によりロシア軍機を識別可能であったはずだ。IFFは言わば合言葉を交わす装置であり、電波により信号を発信すると、自動的に応答の信号を送信し、敵味方を識別する。今回のケースでは、この装置が機能しなかったことになる。

 次に、IL-20とF-16とでは、レーダーに映る大きさが異なる。IL-20は全長37mにも達する大型の機体であるのに対し、F-16のそれは15mと半分以下の大きさだ。レーダーには、当然IL-20の方が大きく、F-16は小さく映る。すなわち、アサド政権側はレーダーに映る大きさでもロシア軍機とイスラエル軍機を判別可能であったはずが、できなかったということになる。

 IFFが機能しなかった事、レーダーに映る大きさで判別できなかった事、この2つの事項は何を意味するのであろうか?

 筆者は、アサド政権側の防空システムがイスラエルのサイバー攻撃によりハッキングされ、偽情報を流されていたと分析する。イスラエルは、アサド政権側の防空システムにIL-20がイスラエル軍機であると誤認させ、地対空ミサイル発射に至らしめたのだ。

 イスラエルは米国と共に、ニトロゼウスと称する対イランサイバー攻撃計画を推進している。ニトロゼウスは電力・通信・防空システムを対象としたもので、その計画の一部には、2010年の米・イスラエルによる対イラン核施設サイバー攻撃に実際に用いられた「スタックス・ネット」がある。

 今回、イスラエルはニトロゼウス計画内の対防空システムサイバー攻撃ツールを、対アサド政権攻撃へと転用したと筆者は分析する。イランとアサド政権は双方、旧ソ連式の防空システムを運用している為、対アサド政権向けに攻撃ツールを転用するのは、技術的に容易な事だ。では、なぜイスラエルはこうした行為に及んだのであろうか?筆者は、今回のイスラエルのサイバー攻撃によるロシア軍機撃墜には、アサド政権とロシアとの間に楔を打ち込む狙いがあったと見る。
支配領域内にイスラエルの天敵であるイラン革命防衛隊を展開させたり、テロ組織であるヒズボラを支援しているアサド政権の存続は、イスラエルにとって大きな脅威である。そして、アサド政権の最大の後ろ盾はロシアだ。イスラエルは、アサド政権へのロシアの関与を中止させ、中長期的にはアサド政権の存続を困難にさせるべく、防空システムへのハッキングに踏み切ったのだ。15名もの人命が犠牲となり、中東を震撼させた撃墜事件の背景には、壮大な陰謀が渦巻いているのである。

文=塩原逸郎

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

『不思議の国のアヌス』『床ジョーズ』『パイパニック』…AVパロディの知られざる傑作、マイケル・ジャクソンの『ドリラー』とは?

『不思議の国のアヌス』『床ジョーズ』『パイパニック』…AVパロディの知られざる傑作、マイケル・ジャクソンの『ドリラー』とは?

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映...

2022.01.24 12:00ART
【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

※ 前編はコチラ!  狭いエリアで10年間に2度も起きている現役女子高生の殺...

2022.01.23 18:00日本
【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

 自分が雨男雨女だと思っている人などは、ことあるごとに天気運がないと感じるこ...

2022.01.22 18:00日本
なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

ロシア軍機、味方から撃墜され15名死亡! 単なる“誤射”ではないイスラエルの恐すぎるサイバー陰謀とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル