【未解決事件】漂着する大量の足、学生43人が突然失踪、乗組員全員が死んだ船… 最強に後味の悪い未解決事件5選!

“事実は小説よりも奇なり”という言葉があるように、世の中は摩訶不思議な出来事で満ちている。しかも、そんな“不思議”の中には、長い年月をかけても解き明かすことができない事柄が多いようだ。今回は、謎のまま残された未解決事件を厳選してご紹介しよう。


■イグアラ市学生集団失踪事件

【未解決事件】漂着する大量の足、学生43人が突然失踪、乗組員全員が死んだ船… 最強に後味の悪い未解決事件5選!の画像1画像は、「Education: Mexico」より

 2014年9月、メキシコ南部ゲレロ州にある教員養成学校の学生43人が行方不明になった。学生たちはメキシコ市での抗議デモに参加するためバスを強奪。その後、ゲレロ州イグアラ市で行方をくらましている。後に彼らの行方について、メキシコの連邦検事総長事務局は「警察が学生を麻薬密売グループのゲレロス・ウニドスに引き渡し、学生は殺害され、その死体は燃やされて灰も川に捨てられた」と発表した。

 この事件でメキシコの捜査当局は、“学生たちの襲撃を命じた”としてイグアラ市のホセ・ルイス・アバルカ市長と妻のアンゲレス・ピネダを逮捕。さらに警察官36人、ゲレロス・ウニドスのメンバー3人も捕まっている。市長や警察と犯罪組織が共謀関係にあることが明らかになると、メキシコ各地で抗議デモが起きた。しかし、第三者委員会は「事件当日は雨天で、43人もの死体を完全に焼却することは不可能」との調査結果を発表。学生たちが消えた“本当の理由”は現在も謎のままだ。

【未解決事件】漂着する大量の足、学生43人が突然失踪、乗組員全員が死んだ船… 最強に後味の悪い未解決事件5選!の画像2画像は、「THE New York Times」より
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ