• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

“事実は小説よりも奇なり”という言葉があるように、世の中は摩訶不思議な出来事で満ちている。しかも、そんな“不思議”の中には、長い年月をかけても解き明かすことができない事柄が多いようだ。今回は、謎のまま残された未解決事件を厳選してご紹介しよう。


■イグアラ市学生集団失踪事件

1810_saiaku_01.jpg
画像は、「Education: Mexico」より

 2014年9月、メキシコ南部ゲレロ州にある教員養成学校の学生43人が行方不明になった。学生たちはメキシコ市での抗議デモに参加するためバスを強奪。その後、ゲレロ州イグアラ市で行方をくらましている。後に彼らの行方について、メキシコの連邦検事総長事務局は「警察が学生を麻薬密売グループのゲレロス・ウニドスに引き渡し、学生は殺害され、その死体は燃やされて灰も川に捨てられた」と発表した。

 この事件でメキシコの捜査当局は、“学生たちの襲撃を命じた”としてイグアラ市のホセ・ルイス・アバルカ市長と妻のアンゲレス・ピネダを逮捕。さらに警察官36人、ゲレロス・ウニドスのメンバー3人も捕まっている。市長や警察と犯罪組織が共謀関係にあることが明らかになると、メキシコ各地で抗議デモが起きた。しかし、第三者委員会は「事件当日は雨天で、43人もの死体を完全に焼却することは不可能」との調査結果を発表。学生たちが消えた“本当の理由”は現在も謎のままだ。

1810_saiaku_02.jpg
画像は、「THE New York Times」より

コメント

7:匿名2018年10月25日 10:34 | 返信

>>1
完全解決にしちゃうと犯人のギャング団を追跡調査出来なくなるから「未解決」にしてるだけだぞ
1と2は角田美代子事件やプリンセスガーデンと同じ系統で、犯人分かってるけど逮捕出来ない奴な

6:匿名2018年10月24日 16:18 | 返信

死体載せるなら閲覧注意と書けよ!最悪

5:匿名2018年10月22日 21:12 | 返信

ブラックダリアは生きたまま切断されたらしいし、それ以外も1つ1つがあまりにもえげつないよね…

4:匿名2018年10月22日 13:04 | 返信

ジャカルタはインドネシア。
あと遺体の画像があるなら書いておいてほしかった…

3:匿名2018年10月22日 04:29 | 返信

2007年に見つかった足が2014年の死者のものなのか…7年間足無しで生きてた人が居るんだな

2:匿名2018年10月22日 02:08 | 返信

確認にオーランメダン号に渡ったシルバースター号の乗員は、無事だったのか…。

イグアラのは、灰になるほど燃やすことはできないって話じゃない?
ガソリンかけたって骨は残るでしょ。
犯罪組織と国家、警察との蜜月を大々的に認める訳にはいかないって話だ。
腐りきってる。
子供は臓器売買に利用されたりした後、海に隠されてしまったんだないか?

1:匿名2018年10月21日 22:44 | 返信

【イグアラ市学生集団失踪事件
第三者委員会は「事件当日は雨天で、43人もの死体を完全に焼却することは不可能」との調査結果を発表。】


これ、普通に考えて、
雨のかからない所で、ガソリンぶっかけて燃やせば燃えるでしょ?
どんな圧力がかかっているのか、第三者委員会の結論はおかしくないか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。