米軍が「空飛ぶ自動運転車」開発で、2社の超新興企業に出資! 軍の“急襲部隊”に応用も… 競争激化で普及間近!

 自動運転技術をめぐって自動車業界がイノベーションの真っ最中にあるが、もう一歩先を行く開発競争も熾烈さを増している。自動運転の“空飛ぶタクシー”の開発競争だ。


■“空飛ぶタクシー”開発に米軍が出資していた

 自動運転で目的地までひとっ飛びする“空飛ぶタクシー”の開発競争が本格化している。

“空飛ぶタクシー”の開発競争で先頭を走るキティホーク(Kitty Hawk)社とジョビーアビエイション(Joby Aviation)社は、昨年に米軍から総額で200万ドル(約2億2700万円)もの出資を受けていたことがこの7月に明らかになっている。

 ペンタゴン(米国防総省)の肝入りで米軍に創設された国防イノベーション部隊実験(Defense Innovation Unit Experimental、DIUx)」は昨年1月、ジョビーアビエイション社に97万ドル(約1億1000万円)を出資し、その後すぐにキティホーク社に100万ドル(約1億1400万円)もの出資をしていたことが最近になって判明している。

 そして昨年2月にはジョビーアビエイション社がトヨタやグーグル、インテルなどから総額1億ドル(約110億円)もの出資を受けたことを発表している。“空のタクシー”をめぐる開発競争は俄然激しさを増してきているのだ。

米軍が「空飛ぶ自動運転車」開発で、2社の超新興企業に出資! 軍の急襲部隊に応用も… 競争激化で普及間近!の画像1Robots News」の記事より

 それにしてもこれらのベンチャーに米軍が接触していたというのは気になるところだ。ご存知のようにすでに米軍にはオスプレイという垂直離着陸機(VTOL)を保有しているが、もっと小型で電動のVTOLを必要としているということだろうか。

「これらの車両はニッチなニーズに応える性能を備え、静粛性や、利便性、自動運転による急襲部隊の展開など特定の作戦に適用できるようになる」とDIUxの文書には記されている。

 競争が激化している“空飛ぶタクシー”開発競争だが、ベンチャーだけでなく大手航空機メーカーのエアバスやボーイングも競争に参加している。また中国やドイツでも着々と開発が進められているという。キティホークとジョビーアビエイションがこうした大手資本に勝るとも劣らない研究開発で競争をリードしているのは興味深い。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ