• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

■キティホークのコーラ(Cora)

 キティホークとジョビー・アビエーションの2社はすでにアメリカ連邦航空局(FAA)より、複数の場所で試作機のテスト飛行が可能な許可証を得ている。

selfflyingtaxis2.JPG
Daily Mail」の記事より

 キティホークの“空飛ぶタクシー”のプロトタイプはコーラ(Cora)と名づけられてすでに何度もテスト飛行を行なっている。

 翼には12基の電動プロペラが取り付けられ、垂直上昇と水平飛行が可能で最高速度は時速240km。2人乗りで最大積載量は180kg。今のところバッテリーは19分しか持たず移動範囲は制限されるが、それでも10分のバックアップ電源を予め備えていることから片道80km程度の移動は可能であるという。目的地を予め定めてから自動運転で飛行するので、もちろん乗員が操縦することは一切ない。

 FAAは現在のところ“空飛ぶタクシー”は郊外の人口のまばらな地域でしか飛行できないことを定めている。飛行高度もFAAによって60mまでに制限されているが、このコーラは高度3000mに到達できる性能を備えているということだ。

キティホークのコーラ(Cora) 動画は「YouTube」より

 コーラのテスト飛行は現在ニュージーランドで行なわれており、最初の商業飛行もおそらくニュージーランドでスタートするということだ。

コメント

1:ルンルン2018年10月11日 02:42 | 返信

まだ「ジェット推進」や「プロペラ推進」で飛行する気なの?

もう「反重力」を解禁して、それからにして下さい。
いつまで、ガソリンを使わせる気なの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。