「今年のクリスマスにM8巨大地震が発生」高的中率フッガービーツの予言!12月21~25日、南海トラフ地震か!?

 フッガービーツ氏が地震予測に用いる「太陽系幾何学指標」は、惑星規模の影響関係を示すものであるため、具体的に地球のどこで地震が発生するかは分からない。だが、どこであろうと、クリスマス前に巨大地震が発生したらたまったものではないだろう。

 さらに恐ろしいことに、フッガービーツ氏は、3年にわたる惑星観測から、惑星の配置が地球の地震活動に関係していることに以前よりも強い確信を持つようになっているという。今回の予測はこれまでに増して精度が高いかもしれない。

「今年のクリスマスにM8巨大地震が発生」高的中率フッガービーツの予言!12月21~25日、南海トラフ地震か!?の画像4画像は「Express」より引用

 一方、一部の専門家らからは、フッガービーツ氏の予測がでたらめだとする批判も出ている。たとえば、天文学者フィル・プレート氏は、2015年5月21日付の科学ニュース「New Scientist」の記事で「惑星直列が地震を引き起こすことはありません。完全にありえないことです」と、真っ向から氏の方法論を否定している。だがよく考えてみて欲しい。これまでメインストリームの地震学者が、いったいどれほどの地震予測を見事なまでに外してきたかを……。

 また、超常現象研究科の百瀬直也氏も、2019年に富士山噴火と南海トラフ地震が発生する可能性が高いことを複数の予言者・科学者が予言・予測していると指摘している。https://tocana.jp/2018/08/post_17750_entry.html今回のフッガービーツ氏の予測を考慮すれば、それが2019年を待たずして今年の年末に起こる可能性が“ない”と断言してしまうことの方が危険だろう。

 いずれにしろ、いざという時のために、避難経路の確認、非常食の備蓄などできる限りの準備をしておくことを強くお勧めしたい。
(編集部)
参考:「Express」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「今年のクリスマスにM8巨大地震が発生」高的中率フッガービーツの予言!12月21~25日、南海トラフ地震か!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル