「今年のクリスマスにM8巨大地震が発生」高的中率フッガービーツの予言!12月21~25日、南海トラフ地震か!?

「今年のクリスマスにM8巨大地震が発生」高的中率フッガービーツの予言!12月21~25日、南海トラフ地震か!?の画像1画像は「ANNnewsCH」より引用

 8月のベネズエラ地震、9月の北海道胆振東部地震、インドネシア・スラウェシ島地震……今年の下半期も世界中で巨大地震が発生し、大きな被害が出ている。特に「リング・オブ・ファイア」(環太平洋造山帯)の地震活動が活発化していると指摘する声もあり、これからさらに大きな地震が各地を襲うかもしれない。

 そうしたなか、英紙「Express」(10月17日付)によると、かねてより海外で注目されてきたオランダの地震予知研究者フランク・フッガービーツ氏が、次の巨大地震の発生日を予知したというのだ。

「今年のクリスマスにM8巨大地震が発生」高的中率フッガービーツの予言!12月21~25日、南海トラフ地震か!?の画像2画像は「Express」より引用

 フッガービーツ氏は、太陽系の惑星の配置という占星術的な手法で地震を予測しているオランダ人の地震予測家であり、場所こそ特定できないものの、発生日時を当てることにはすぐれており、これまでにもM7.8を記録したネパール大地震や、昨年4月に発生した熊本地震を予測、的中している。今回の予知内容は次のようなものだ。

「2018年の12月21日に惑星がとても危険な位置に配置されます。これにより12月21日~25日の間に巨大地震が発生するでしょう。現在の計算だとマグニチュード7~8の地震になりそうです」(フッガービーツ氏)

「今年のクリスマスにM8巨大地震が発生」高的中率フッガービーツの予言!12月21~25日、南海トラフ地震か!?の画像3画像は「YouTube」より引用
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ