奇跡を起こす群馬「釈迦の霊泉」最強パワーの秘密とは!? 難病治療に宇宙人も協力、二代目女将が秘密を暴露!

奇跡を起こす群馬「釈迦の霊泉」最強パワーの秘密とは!? 難病治療に宇宙人も協力、二代目女将が秘密を暴露!の画像4「釈迦の霊泉」外観(写真提供:百瀬直也)

■真っ黒な便が大量に…… A氏の体験

(インタビュー中、ちょうど同じタイミングで宿に泊まっていた男性にも自身の体験談を語ってもらえることになった)

A氏  数年前に初めて妻と訪れたのですが、温泉に入った次の日から大量の排尿と排便が何回もあり、普段とまったく異なるタールのように真っ黒な便が出るんです。しかも、出ると体がスーーッとする感じがするんです。アカラシアという約10万人に1人しかならない病気で手術したばかりで、傷口もすごく痛くてどうしようもなかったのですが、温泉に浸かるとその痛みもなくなってしまって……。

奇跡を起こす群馬「釈迦の霊泉」最強パワーの秘密とは!? 難病治療に宇宙人も協力、二代目女将が秘密を暴露!の画像5「釈迦の霊泉」温泉成分表(写真提供:百瀬直也)

――「釈迦の霊泉」に浸かったり御神水を飲んだがん患者から、黒い宿便のようなものが大量に出たという事例は、多くあるようですね。とはいえ、アカラシアとはどのような病気なのですか?

A氏  アカラシアは腸閉塞の食道版のような病気で、食道が詰まって胃と十二指腸が収縮して、食事もできなくなります。私は術後の経過が良くなくて、胃・お腹・背中の痛みもひどかったのですが、ここに通うようになって嘘のように改善しました。いつの間にか食道が元通りになり、再手術も必要なくなって、(この病気の治療で)日本でナンバーワンの先生も「同様の症例を調べたけれど、ない」と不思議がっていました。


■UFOが出現することも!

――今井さん、亡くなられた貴美子教祖さまは、今でも宿泊者の一人ひとりが健康を取り戻せるようにと祈ってくださっているそうですね。

奇跡を起こす群馬「釈迦の霊泉」最強パワーの秘密とは!? 難病治療に宇宙人も協力、二代目女将が秘密を暴露!の画像6生前の今井貴美子教祖(昭和30年代頃)

今井  むかし教祖さまから「御神水に神さまが宿っている」と聞いて、最初は信じられなかったのですが、ここで難病が治った人々を目の当たりにすると、やはり教祖が言ったことは正しかったのだと思っています。

――では逆に、御神水があまり効かないという症状はありますか?

今井  個人差などがありますし、たしかに人によってはあまり改善されなかった方もいらっしゃると思います。だから、「治りますかね?」と電話をくださる方々に対して、「治ります」とは間違っても断言できません。

――信じる気持ちが強い方ほど健康になられるとか、そういったことはありますか?

今井  あります! それは、荒木さん(※)がいらっしゃった時、主治医の先生が仰っていたそうなんです。

 荒木さんはよく、「今の医学は3割で、あとの7割は精神力だ」「せっかく飲むのなら信じて飲みなさいよ」と周囲の方々に仰っていました。お飲みになるならば、信じて飲んでくださいということだけは申し上げています。

※ 「荒木さん」とは、新潟県長岡市の荒木一栄氏のこと。1998年頃にテレビや週刊誌で紹介され有名になった。荒木さんは1984年頃に末期の胃がんのため医師から「あと1週間の命」と宣告され、胃の半分を切除したが、すい臓や肝臓にも転移し、大腸にも3カ所のガンがある状態だった。しかし、抗がん剤をすべて止め、体が思うように動かず口も聞けない状態のまま温泉に浸かり、御神水を飲むうちに、血が混じった黒い便が大量に出て苦しみがウソのように消えた。それから4年間は月2回ほど温泉に浸かるため「釈迦の霊泉」を訪れ、すっかり健康を取り戻した。この奇跡的な回復は医学界でも注目を集め、新潟大学は月2回のCT検査を実施したり、ガン研究者の全国大会で数名の医師によって精密検査も行われたが、すでにがんが“完治”した異常のない身体であることが確認された。

奇跡を起こす群馬「釈迦の霊泉」最強パワーの秘密とは!? 難病治療に宇宙人も協力、二代目女将が秘密を暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル