死者を蘇らせる「緑色レーザー光線」爆誕か! “死の逆転”を実証、ついに「リアニマ・プロジェクト」開始へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 脳死者を生き返らせる「リアニマ・プロジェクト」がいよいよ始まりそうである。プロジェクトチームは、脳死者に“緑色レーザー光線”を照射してよみがえらせるというのである。


■脳死者を生き返らせる「リアニマ・プロジェクト」ついに開始か!?

 脳死は臨床的な死であるが、一部では脳死は人の死ではないという主張もある。もしも脳死者を生き返らせることができれば、脳死は人の死ではないという主張を強力にサポートするものになるだろう。

 一昨年昨年とトカナで報じてきた脳死者を生き返らせる「リアニマ・プロジェクト(ReAnima Project)」だが、オルタナティブ系メディア「Collective Evolution」によれば、今まで保留にされたままだったこの計画がいよいよスタートしそうであるという。

 リアニマ・プロジェクトの第一段階は、アメリカのバイオテクノロジー企業であるバイオクオーク(Bioquark)社によって、インド・ルドラプールにあるアヌパム病院で行われるという。

resurrectthedead1.JPG
Collective Evolution」の記事より

 昨年の報道ではこの計画に対し、インド政府筋から倫理的な問題があるとの理由で中止に追い込まれた旨が報じられた。しかし今回、集められた20人の脳死者はアメリカとインド双方の治験審査委員会(Institutional Review Board)の許可を得たということだ。

 プロジェクトの第一段階となる今回の“治療”では、脊髄の上部と脳幹の機能を取り戻すことに主眼が置かれている。これらの部分を“蘇生”することができれば、心肺活動が再開できる可能性が高まるということだ。

「今回のプロジェクトはこの種の分野の最初の試みであり、死を“最終回逆転”する最初のステップとなります」とプロジェクトのバイオクオーク社のCEOであるイラ・パスター博士は語る。脳死者蘇生プロジェクトが今まさに始まろうとしているのである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。