• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 1万2000年前、中国の山脈にUFOが墜落してエイリアンたちが取り残されていた――。


■謎の“ドロパストーン”とは?

 1938年に中国・バヤンカラ山脈で発見された謎の円盤型ストーンアート“ドロパストーン”の解明に新展開の兆しがあるようだ。

 ドロパストーン(Dropa Stones)とは、1938年に中国のバヤンカラ山脈で考古学者によって古代文明の痕跡とともに発見された700枚ものストーンアートである。山脈の地中には人工的に掘られたシェルターのような洞窟があり、その壁には奇妙な絵画らしきものも多く描かれていた。

 墓らしき施設も発見され、いくつもある棺の中からは身長120センチほどの頭部が大きい人型の骸骨が残されていた。子どもの遺体なのか、それともこの地域に生息する山ザルの死骸なのか? ただ、サルをこのように埋葬することは人類の文化には例を見ないことであり“サル説”は除外してもいいのかもしれない。

dropastonediscs1.JPG
画像は「YouTube」より

 そして、ドロパストーンはこの墓の棺の中に遺体と共に収められていたのだ。その数は716枚。ドロパストーンそのものは2000年ほど前に作られたものだといわれている。

dropastonediscs2.JPG
画像は「YouTube」より

 ドロパストーンはいずれも直径30センチほどで、中央には穴が開き、表面は穴を中心にした渦巻状の紋様が彫られている。そして古代エジプトのヒエログリフのような文字や絵なども刻まれていた。絵の中には頭部の大きい人型の存在も描かれている。これはエイリアンなのだろうか。

dropastonediscs3.JPG
Daily Star」の記事より

 その後、世界大戦や中華人民共和国の建国などと激動の時代が続きドロパストーンはほとんど忘れ去られていたが、1962年に研究者のスン・ウンノイ(Tsum Um Nui)氏がこのドロパストーンに刻まれている文字の解読に成功したと報告した。そこには何が書かれていたのか? スン氏によれば以下の通りだ。

コメント

2:匿名2018年10月28日 09:21 | 返信

まさにひーげき

1:匿名2018年10月25日 19:04 | 返信

なるほど、呪泉郷はエイリアンのテクノロジーだったのですね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。