• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
51svASHd4GL.jpg
『ヌルラン』(太田出版)辛酸なめ子新刊

 辛酸なめ子さんの書き下ろし小説『ヌルラン』(太田出版)が10月12日刊行された。悩めるインスタグラマーのレミと、その守護霊でゲイのイルカ「ヌルラン」による抱腹絶倒、唯一無比のスピリチュアルミステリーだが、この本のストーリーにはなめ子さんの実体験が大いに関係しているという。

 10月18日、神保町「書泉グランデ」にて開催された同書の刊行記念イベントで、高次元のイルカのスピリットに関するなめ子さんの実体験などが語られた。しかも、“イルカのチャネラー”ドルフィニスト綾子さん・篤さんをお招きしてのトークショーである。ショーでは、なめ子さんの守護霊であるイルカの「ヌルラン」や「イルカくん」といった高次元のイルカスピリットも綾子さんにチャネリングで呼び出してもらい……!?

 会場は満席の熱気のなか、トークショーが始まった。


■『ヌルラン』はお悩み相談ミステリー小説?

talkshownuru.jpg
トークショーの様子

 まずは、なめ子さんが『ヌルラン』を執筆するに至った経緯を説明。

 2011年にドルフィニスト綾子さん・篤さんのセッションを受けて、自身にシリウスの近くの“イルカの星”に住んでいるヌルランという名前のベージュ色のゲイのイルカの守護霊が憑いていることを初めて知ったというなめ子さん。その話を幻冬舎ブログに書いたら、太田出版の編集者が「なめ子さんが日々取材しているスピリチュアルな要素を取り入れて『ヌルラン』と主人公が問題解決をするミステリー小説を書いてみませんか?」と提案。ミステリーというよりは、お悩み相談の要素も入れつつ、主人公の女性が精神的に成長していく話にできれば…と、執筆したそうだ。

「完成するまで3、4年の歳月がかかったので、作品中に『ベッキーの不倫』や『佐村河内守氏の騒動』といったやや古い話題が出てきています」となめ子さんは語った。


■なめ子、イルカ型の雲を激写

 しかも、その2011年のセッション時、初めて「ゲイのイルカの霊が憑いている」と告げられたその時、ふと見た空に“イルカ型の雲”が見えたというから驚きだ。さらに「3人で記念撮影した時、みんなの顔がイルカっぽくなっていました」と、当時を振り返るなめ子さん。

irukagumo2.jpg
イルカ雲。ドルフィニスト夫妻との対談で登場するのとは別のイルカ雲で、今年の7月19日、南紀白浜18:35発、羽田行きの飛行機の中からなめ子さんが撮影した。その前までアドベンチャーワールドでイルカショーなどを見ていたという。綾子さんによればイルカのことをたくさん思っていると、雲になって現れることはよくあるのだという。
irukagumo.jpg
2018年 7月10日の明石大橋。淡路島上にドルフィニスト篤さんと綾子さんが散歩中に見たイルカ雲

 どうやら、イルカのスピリットと交流するとイルカのような顔になるらしい。そういえば綾子&篤氏も顔がイルカに似ている。特に、綾子さんはつるつるとした美しいツヤ肌感がまるでイルカの皮膚のようだと筆者も感じた。

コメント

1:匿名2018年11月 2日 04:57 | 返信

うーん…? (;^_^A  ちょっと・・微妙…。
わかるような、わからんような…
イルカ顔は困るなぁw

あと、最後の文で台無しにしてる感じがある。
「全てを受け入れるから磁場によって挫傷する」 
これはさすがにナイでしょw
単純に、防ぐ手立てを持たないから挫傷するんだよ。
人間や動物だって、雨を防ぐ手立てを持たない場合に濡れるのと同じ。
傘を持っていないとか、雨宿りできる岩場や巣が見当たらないとかさ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。