• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 ついに太陽の“フタ”が開いた――! 観測機「SOHO」がとらえた画像で、太陽の“北極”部分が、ポッカリと穴が開いたように暗い闇に包まれていたのだ。


■空洞の太陽には“出入り口”がある?

 地球の直径の400倍もの大きさの太陽だが、一部からはその存在に関する謎が指摘されている。さらに、その謎を深めるかのように、NASA(米航空宇宙局)とESA(欧州宇宙機関)が共同で運用している太陽観測機「SOHO」から送られてくる最新の太陽の画像では、てっぺんが黒々としておりポッカリと穴が開いているように見えるのだ。

hollowsuntheory1.JPG
UFO Sightings Daily」の記事より

 著名なUFO研究家であるスコット・ウェアリング氏のブログ「UFO Sightings Daily」でもこの話題が取り上げられている。

「現在、我々の太陽の北極圏には巨大な穴があります。太陽の直径は地球の約108倍ありますが、私は太陽の中が空洞であり、太陽の中心部には、太陽のエネルギーを利用する知的なエイリアンが多く存在する惑星があるかもしれないと疑っています」(ウェアリング氏)

 太陽の中身はカラッポであるという「太陽空洞説(Hollow Sun Theory)」を提唱しているウェアリング氏だけに、今回の太陽の画像には人一倍の関心を持っているようだ。

「この暗い開口部を通じて、何か大きなものが移動しようとしている可能性があるのですが……おそらく中にある惑星そのものでしょう。私が“太陽空洞説”と呼ぶ仮説には多くの意味があります」(ウェアリング氏)

 太陽内部の空洞の中心には知的エイリアンが住む惑星型の超巨大UFOがあり、時折太陽を離れて移動する際に太陽の北極圏の“出入り口”が開くということになる。

hollowsuntheory2.JPG
UFO Sightings Daily」の記事より

「恒星の周囲につくられる“ダイソン球”の代わりに、我々の太陽の内部には知的エイリアンの住む惑星や宇宙ステーションなどがあり無限のエネルギーを活用しています」(ウェアリング氏)

 太陽の空洞の中には人工的な惑星が複数ある可能性もあるということだ。とすれば考えられているよりも頻繁に“出入り口”が開け閉めされているのかもしれない。

コメント

5:匿名2018年10月30日 12:43 | 返信

あくまでも三次元では普通の天体じゃないかなあ。

4:匿名2018年10月30日 06:35 | 返信

太陽内部から超強力な磁力線が放出されている北極と南極のエリア。すなわち大量のエネルギーを放出していて周囲より温度が低くなっているだけ。これが普通の状態。

物を知らない、学がない、とは何と恥ずかしくみっともない事か。常人ならば顔から火が出て真っ赤になっているところ。まるで蛍光灯を見て「熱くて火傷する!」「眩しくて目が潰れる!」と騒ぐ原始人を見ているかのようだ(失笑)。

3:トランプ大統領2018年10月30日 03:39 | 返信

忘れているのか?天体はすべて空洞になっているという説は昔からあるではないか?
地球だけでなく勿論、太陽も空洞になっていて当然で、あのような流動性のある天体は自転による遠心力が弱い場合は極の穴は形成されないで塞がってしまう。という解説だった。

太陽が人工物なら、地球も人工物でもおかしくないはずであるし、目に見えている宇宙は実はホログラムですべてインチキであり、当然のごとくお前ら人間はロボットであることも、学問も捏造されてインチキであることも納得がいく話になる。例え宇宙が本物だとしても宇宙を抜きに考えても
お前らが本当にロボであることは私は認識しているので間違いない事実だ。
例えお前らがロボットでなかったとしても、私に似た奴がいないので、かなり不思議である。

2:匿名2018年10月30日 02:27 | 返信

夢があっていいんじゃない?

太陽の中にもう一つの宇宙があるのかもね

1:匿名2018年10月29日 16:51 | 返信

「今週、太陽の巨大な扉が開かれました。ほんのわずかな亀裂ですが、それを通して中の世界の眩い白い光が漏れ出るのには十分です。そして亀裂はUFOの母艦が出入りできる分だけ開いたともいえます」(ウェアリング氏)
 
太陽の内側の白い光は、太陽の光よりも眩いのか???
おいおい、内側の生き物は焼け死んでるぞwww

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。