渋谷のハロウィン騒動、マスコミ報道にヤラセ疑惑!? 「謝礼でサクラを呼び出し、瓶ビールをわざと…」TV関係者が暴露

「今年は渋谷区が危険性を考慮して近隣のコンビニなどに瓶に入ったアルコール飲料を売らないように要請しました。その効果がどう出るかはわからないものの、テレビ局は『それでも瓶を持った若者が出現した』というストーリーが欲しいので、瓶ビールを持っていって路上に置いてくると話していたディレクターもいます。実際に持ち込めばさすがに警察官にバレるでしょうが、おいしい画が撮れたとしてもそれによって誰かが大けがする恐れがあるので、やりすぎですよね」(テレビ番組放送作家)

 これを実行したら、やりすぎというよりもはや犯罪の教唆ではないのか。なぜ、ここまでしなければならないのか。

「昔は放っておいても人が集まっていましたが、今は嫌悪感を持って近づかない人が多いんです。しかし、局からは必ず騒動を撮ってこいと言われるので仕込むのは仕方がないんです。以前も荒れる成人式を撮らないといけなくて沖縄や福岡などに行きましたが、そのとき中には衣装代を出して花火まで渡して暴れさせた局もあったんです。結局、撮ってこいと言われたものが撮れないとクビなので、こっちも必死です」(制作会社ディレクター)

 仕事上の立場は理解できるが、やはり行動は理解できない。たしかに昔は本当に暴れる人がいたのだろうが、それが少なくなったからと言って呼んで来て良いわけがない。

 今や渋谷のスクランブル交差点にはハロウィン期間中に数百名の機動隊員が配備され、早朝にはボランティアの皆さんがゴミ拾いをしている。こうした形でイベントを歪ませる行為は決して許されるべきではないだろう。
(文=吉沢ひかる)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

渋谷のハロウィン騒動、マスコミ報道にヤラセ疑惑!? 「謝礼でサクラを呼び出し、瓶ビールをわざと…」TV関係者が暴露のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで