• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
元NASA研究者「月に背の高い黒い人がいた」アポロ11号が見た漆黒エイリアンの存在暴露! クレーターの淵にUFOもの画像1
画像は「Getty」より引用

 元NASA研究者が、「漆黒のエイリアン」の存在を暴露していたことが明らかになった。

 NASAエイムズ研究センターに勤務していた科学者、ノーマン・バーグラン博士は、土星の輪の中に「リングメーカー」と呼ばれる宇宙船が潜んでいることを暴露したことで有名だが、オルタナティブニュース「Collective Evolution」によると、宇宙人の詳細も暴露していたという。バーグラン博士はUFO研究家ケリー・キャシディ氏のインタビューでバーグラン博士は次のように語っている。

「あれはアポロ11号のフライト写真だったと思います。バズ(・オルドリン)とニール(・アームストロング)が写っていました。ともかく、そこには彼らだけでなく(宇宙船から降りてくる)黒い人が写っていたのです」(バーグラン博士)

元NASA研究者「月に背の高い黒い人がいた」アポロ11号が見た漆黒エイリアンの存在暴露! クレーターの淵にUFOもの画像2
画像は「Hybrids Rising」より引用

 バーグラン博士によると、この「黒い人」は肌が黒く焼けているというレベルではなく、漆黒の肌をしていたという。また、身長は2.1mもあったそうだ。もしかしたら、彼らこそ「リングメーカー」なのかもしれないが、これ以上のことはバーグラン博士も分からないという。

 興味深いことに、NASAの元テストパイロットだったケン・ジョンソン氏も、月面に宇宙人がいたと証言している。

「ニールとバズが月面に着陸した時、ニールがメディカルチャンネルに切り替えて、医療主任にこう語ったんだ。『彼らがいる。彼らはクレーターの淵に宇宙船を止めて、我々を見ている』」(ジョンソン氏)

コメント

2:匿名2018年11月14日 22:52 | 返信

それゴキブリだよ

1:匿名2018年11月10日 15:14 | 返信

ピッペン? ロッドマン? ボルト? チャップマン? 

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。