ウソをついた人間は“鼻が縮む”ことが判明! 童話「ピノキオ」は間違い、最強ウソ発見器の誕生に劇的進展か!(最新研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

スペイン

,

ピノキオ

,

,

嘘発見器

,

温度

,

,

 童話「ピノキオ」では、嘘をつくと鼻が伸びるという話が繰り広げられるが、なんと現実ではその真逆。嘘をつくと鼻が縮むのだという。スペイン・グラナダ大学の研究が話題だ。

1113lie-1.jpg
画像は「Getty Images」より引用


■嘘は鼻で見破れる?

 英紙「The Daily Mail」の記事(今月9日付)によると、人間は嘘をつくと顔の一部の温度に変化が現れるのだという。サーモグラフィーで温度の変化を検証すると、嘘をついた時、鼻の先端の温度が最大で1.2℃下がり、額は逆に最高で1.5℃上がるというのだ。さらに、これらの部分での温度変化が高ければ高いほど、嘘をついている可能性が高いという。

 嘘をついた時に起こるこの微妙な変化を明らかにしたのは、グラナダ大学のエミリオ・ゴメス・ミラン氏である。実験ではボランティアに親や友人に電話し、「有名人を見た」「事故にあった」などの嘘をついてもらった。比較対象群では、通話中に自動車事故のビデオが表示され、その内容を自分のことのように話してもらった。電話中、被験者の顔はサーマルカメラで撮影され、その温度変化が詳細に観測された。

1113lie-2.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年11月15日 03:12 | 返信

嘘がどうのとか言いつつサイトに来る奴麻

1:匿名2018年11月14日 10:12 | 返信

それが本当ならトカナさんで働く人は皆鼻ないんじゃね?w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。